三ヶ島製材鰍フ進行中の現場のご紹介と家づくりに関する色々な情報をご提供するブログです。 木づくりの温かさと使い込むことによって味の出る良さをお伝えできればと思います。
 
2021/04/28 9:36:46|イベントのお知らせ
完成見学会を開催します! 〜入間市 災害に強い3世代の家〜
こんにちは!
本日は、完成見学会のお知らせです。家

開催に際しましては「新型コロナ対策徹底見学会」としまして、ご来場時の検温・消毒・マスクの着用はもとより、完全予約制により同時ご入場は1組様のみ、60分とさせていただきます。

できるだけ沢山の方々にご覧いただき、住まいづくりの参考にしていただきたいところではございますが、今般の事情を鑑み、お手数ですが必ずご予約の上、ご来場くださいますよう、お願い申し上げます。



現場完成見学会『入間市 災害に強い3世代の家』

日 時:2021年 5月 8日()・9日()
    両日とも10:00〜16:00
    
※予約制のため、ご予約の無いお客様は入場になれません
場 所:入間市鍵山1-8-15付近
    
※案内図をご参照ください
ご予約・お問い合わせ先:☎ 04-2934-2018
            ✉ mikajima@ictv.ne.jp


みどころ
その1. 玄関ホールに洗面手洗いを設置、ウィルス対策もバッチリ
その2. 7寸(21cm)角の無垢ヒノキの大黒柱など、自然素材による癒しの空間
その3. 7.1kw太陽光発電システムと12kw大容量蓄電池の組み合わせによる、災害時でも安心なエネルギー自給性能
その4. 更にHEMSによるエネルギーの最大効率化、次世代省エネ住宅

開催は上記2日間のみとなっております。
是非この機会に、「これからの住まい」をご覧になってください!ピカピカ


それでは、本日もお読みいただきありがとうございました!



三ヶ島製材のホームページ

 







2021/04/17 11:22:00|その他
弊社のZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)普及実績および目標につきまして

             ZEH普及目標と実績

【 実 績 】
 2016年度 0%  2017年度 0%  2018年度 0%  2019年度 0%
 2020年度 25%

【 ZEH普及目標 】
 2025年度 50%

弊社では、2025年度までに自社のZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)が50%以上となるよう、普及目標を以上のように定め、効率的かつ快適な暮らしづくりに取り組んでおります。

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)につきまして、今後も更なる普及に向けて活動してまいりますので宜しくお願い致します。



三ヶ島製材のホームページ
 







2021/04/09 19:08:07|住まいの情報
和室に合う内窓、施工致しました!
こんにちは!
本日は断熱リフォームのお話です。スマイル

皆さん、『内窓』をご存知でしょうか?
これはインナーサッシなどとも呼ばれ、サッシ窓の内側に付ける窓の事です。
これを付ける事で窓が2重になり、断熱性が大幅にアップし、結露防止についてもかなりの効果を発揮します。グッド

今回、LDKをメインにリフォーム工事をさせて頂いたお宅で、和室にも内窓を設置いただきました。
こちらの和室にはもともと障子が入っていましたが、それを外してその代わりに障子タイプの内窓を設置しました。

右側の写真が施工前、左側の写真が施工後です。
違和感もなく、きれいな納まりなのがお分かりいただけると思います。

そして今回、グリーン住宅ポイント制度を利用できます。ピカピカ
快適になって、その上ポイントで商品交換できるなんて、お得感ありますねびっくり


それでは、本日もお読みいただきありがとうございました!



三ヶ島製材のホームページ

 







2021/02/24 10:55:20|建築現場より
古材を再利用した観音堂工事、屋根が葺き上がりました。

こんにちは!
本日は、昨秋より施工が進んでいますお寺の観音堂・管理棟工事の最新のご報告です。仏


木工事も内部の造作に入っておりますが、先日、観音堂屋根の銅板が葺きあがりました!
まだ新しいためピカピカに輝いており、間近で見ると眩しいくらいです。ピカピカ

葺き方は一文字葺き(平葺き)という葺き方です。
また、四隅の部分は蛤葺きと言って、その一文字葺きの銅板のハゼのラインをつなげて優美な曲線で葺く高度な施工がされています。
そして軒裏も銅板にて同じように美しく仕上げられています。ラブ

これから年月を重ね、銅板特有の緑青による色合いの変化、味わいが出てきます。
こちらの構造材の多くは既に250年以上経っているので、これから更に300年、500年と時を重ねていくのですね〜音符


それでは、本日もお読みいただきありがとうございました!



三ヶ島製材のホームページ

 







2021/02/06 14:33:38|その他
地鎮祭の準備
こんにちは!
本日は、地鎮祭に使用する道具の準備をしました、というお話です。幸せ

写真に写っています3つの道具は、手前から
忌鎌(いみかま)、忌鍬(いみくわ)、忌鋤(いみすき)と呼ばれるものです。
昔から使われてきた、草などを刈る鎌、畑を耕す鍬、土を掘り起こす鋤を神事に使う為に白木でこしらえたものです。

地鎮祭を近日中に控え、この3つを拭いて綺麗にし、柄に巻いてある和紙を新しいものに替え、麻ひもで結わきました。

これらは地鎮祭での
『鍬入れの儀』で使用するのですが、一般的に、建物の設計や計画をした人(建築士など)が忌鎌で盛り砂の上部に挿した枝を刈り取る仕草(苅始めや鎌刈りと呼びます)を、お施主様が忌鍬で盛り砂に先端を差す仕草(鍬入れ)を、施工者(建設会社など)が忌鋤で盛り砂を均す仕草(穿ち初め)をします。

この鍬入れの儀は地鎮祭の中でもとても重要な儀式と言われ、お施主様にとっては緊張するものかも知れません。
でも、実際にやられると‟いよいよ始まるんだな”と強く感じたと仰られる方が多いです。ピカピカ

理想の住まいづくりがいよいよスタート!という大事な行事、地鎮祭も心を込めて催させていただきます音符


それでは、本日もお読みいただきありがとうございました!



三ケ島製材のホームページ