XR日誌
 
2021/01/20 18:32:10|何でも3
トリアージ
 コロナ感染者が増え,医療が限界に近付いている。地域によっては既に超えているかもしれない。

 そこで登場するのがトリアージ。医療資源が不足する場合,一部を犠牲にしつつも,全体としては被害を局限する考え方だ。

 軍隊においては若干意味合いが異なる。前線の医療において,戦線復帰可能性の高い者から医療を行うというものだ。そもそもトリアージは,軍隊発祥の考え方だ。

 コロナ感染者が更に増えた場合,全員に医療を行うことができない状況が想定される。トリアージの考え方からすれば,資源は重篤者,重傷者にではなく,軽症者,中等者から配分されることになるだろう。

 倫理的にどうかという議論はあるだろうが,全体として被害を少なくするとしたら,この論理に至るだろう。

 まあ,被害は少ない方が良いという考えが前提だが。

 2021.1.20(水)

 







2021/01/19 17:52:11|ライディング2
いつもの河川敷
 先日,少し温まろうと河川敷へ。いつもより随分車が多く,その中に何台かのジムニー。

 暫くすると一台が,水深50cm程度の所を通って対岸に渡った。ディファレンシャルギアに水が入るかもしれない深さだ。

 川の中は路面が見えないだけにドキドキ半分,楽しさ半分。しかし今の季節,単車で入るには水が冷たい。

 2021.1.19(火)

 







2021/01/18 18:28:36|PCX
風防の効果
 昨日の正丸はPCX。気温が低い割に指先が冷たくなかった。

 どうやら風防の効果のようだ。ハンドルグリップ部は風防の外側に位置しているのだが,空気が側方に押しやられ,グリップ付近の流速が遅くなる感じだ。

 普段短距離しか乗らないPCXで,久しぶりに数十Km走ったからわかった効果だ。

 2021.1.18(月)

 







2021/01/17 15:22:30|街で出会った単車達2
Honda CT125
 正丸にて,今話題の標題車をジックリ眺める機会があった。昨年7月に注文して納車は10月とのこと。それでも赤は比較的早く,グリーンは更に待つらしい。現在の走行距離は6千Km。年2万Kmペースだ。

 オーナーはCT125を気に入っているのだが,高速に乗れる単車も欲しいようだ。高校時代から何台か乗り継いでいて,その中にはホーネットがあった。選ぶとしたらそのような単車なのだろうと想像する。

 この車体,私としては何といっても大きな荷台が魅力だ。カブは荷物を積載してこそ価値がある。

 2021.1.17(日)

 







2021/01/16 17:21:17|単車一般 2
交通安全
 正丸第一次会場には写真のような石碑が建てられている。文面は,

  交通安全
 
 広き心 寛大の心が
 
 平和をもたらす

 単車で走っていると,々目に余る行為が見られる。車もそうだが,単車も例外ではない。半キャップ原付スクーターの若者ならまだしも,バリバリのリッターモデルで自己顕示欲丸出しライダーを見ると,ああこれは単車育ちではないナ,と思う。

 今日もそんなZZR1400を見てしまった。赤信号でセンターラインを越えて最前列車の前に割り込むのだが,青になっても発進がトロイので,割り込まれた方はイライラする。

 わざわざ割り込んだなら,青になった時点で発進完了している位でなくてはならない。

 結局私のセローの方が速いのだが,セローに負けたZZRは,次の信号では勝とうとする。しかし発進が遅いことに加え,斜め停車だから初動で全力加速できず結果は同様。

 もっと研究したらと思うが,排気量頼りでは限界が見えている。

 石碑は,そんな私のような考えを戒めているのかもしれない。

 2021.1.16(土)

 







[ 1 - 5 件 / 4141 件中 ] 次の5件 >>