歩く東松山情報局
 
2018/11/12 9:00:00|取材
神明町自治会 防災訓練

11月11日(日)新明会館としんめい広場で、「神明町自治会防災訓練」が行われました。

神明町自治会では、災害への意識を高めるために、毎年、防災訓練を開催しています。

今年は、神明町地区の住民およそ65人のほか、東松山消防署から10人、東松山消防団第二分団から5人、東松山市赤十字奉仕団から8人が参加しました。

開会式が終わると、住民を2つの班に分けて、防災訓練を行いました。

1班は起震車による地震体験訓練、2班は煙体験訓練からスタート。
その後、消火器訓練、救護訓練、防災映画、住宅用火災警報器の設置説明などを学びました。

参加者が様々な訓練をしている間に、東松山市赤十字奉仕団の皆さんは、炊き出し訓練を開始。
アルファ米のおこわや、災害救助用炊飯袋を使った炊飯を行い、訓練参加者に振舞いました。

自然災害はいつどんな時に起こるかわかりません。
皆さんも、日頃から食料や飲み水を用意したり、避難場所を確認するなどして、備えておきましょう!







2018/11/11 18:22:17|その他
「愛知・名古屋フェア」に名古屋おもてなし武将隊が登場!

11月13日(火)まで、ピオニウォーク東松山で「愛知・名古屋フェア」が開催されています。

10日(土)と11日(日)には、名古屋おもてなし武将隊のみなさんが登場!

名古屋おもてなし武将隊は、2009年に名古屋開府400年を記念して誕生したPR部隊で、全国にあるおもてなし隊の先駆けです。
毎日交代で名古屋城の観光案内を行う他、週末には殺陣や寸劇などのパフォーマンスを披露しています。
メンバーは、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康、前田利家、加藤清正、前田慶次の、愛知県にゆかりのある武将6人と、4人の陣笠隊の、10人で構成されています。
今回は、前田利家、加藤清正、前田慶次と、陣笠の踊舞(とうま)、なつの、5人が登場。
演舞を披露した他、来場者に名古屋の名産や観光名所をPRしました。
演舞が終わると、1階ピオニコートの催事場へ出向き、来場者に物産展をPRしました。
 







2018/11/11 9:00:00|取材
登山家 大山光一さんの公開講座

11月12日(日)吉見町にある武蔵丘短期大学で、登山家の大山光一さんによる公開講座が行われました

東松山市内在住で、登山家の大山光一さんは、武蔵丘短期大学の学園祭に合わせて、毎年公開講座を開催しています。

大山さんは、定年を10年後に控えた50歳の時に、世界7大陸の最高峰を登頂する計画を立てました。

その後は、サラリーマンとして仕事と家庭を両立させながら、「あきらめなければ夢は叶う」という強い想いのもと、2007年、2011年の2度、エベレスト登頂に成功しています。
大山さんは、世界の山に挑戦した経験を活かして、夢を叶えるサポートをしています。

今年は、山学同人比企「メラピーク登山隊2018」を結成し、ネパールのヒマラヤ山脈にあるメラピーク登頂に挑みました。

この日の講座では、大山さんのこれまでの活動や経歴を紹介した後、今年のメラピーク登山の話がありました。

会場には、メラピーク登山に挑戦したメンバーの中から、清水さん、岡田さん、矢作さんの3人も来場。

登山隊に参加した感想や、体験したこと、感じたことを、それぞれ語りました。







2018/11/10 18:14:21|取材
「彫刻家 高田博厚展2018」 開催中

11月18日(日)まで、東松山市総合会館1階多目的室で、「彫刻家 高田博厚展2018」が開催されています。

明治33年に石川県で生まれた高田博厚は、早くから哲学や文学、芸術に目覚め、当時の優れた知識人と交友を深め、彫刻家としてのみならず、文筆家、思想家としても活躍しました。

会場には高田博厚の遺族が市に寄贈した彫刻作品の他、デッサン、絵画、フランスから持ち帰った書籍などが展示されています。

彫刻作品は、フランスの芸術家 ジャン・コクトーやフランスの作家・思想家であるロマン・ロランなど、高田博厚がフランスに渡った際に影響を受けた人物から、詩人 中原中也、小説家 川端康成、小説家で劇作家でもある武者小路実篤など、国内の著名人まで様々です。

孤独な創作活動の中で常に「人間の内面を描き出すこと」に追求し、見る人にその偉業を称えられてきた高田博厚。
会場には、高田博厚の芸術家としての歩みを語る作品の数々が並んでいます。

また、高坂彫刻プロムナードが完成するきっかけになった彫刻家・詩人 高村光太郎の彫刻作品、白山中学校の生徒が高田博厚の彫刻に触れ、それをまとめた資料、高田博厚がフランスに滞在中に、鎌倉にある自宅兼アトリエを引き継いだ画家 野見山じょうじ氏の作品なども展示されています。

ぜひこの機会に、足をお運びください。







2018/11/09 17:47:00|取材
坂谷由美子 個展 開催中

11月1日(木)から19日(月)まで、六反町にあるギャラリー&カフェ亜露麻で
「坂谷由美子 個展」が開催されています。

東松山市にお住いの坂谷さんは、女流画家協会会員、日本美術家連盟の会員として活躍しています。

この亜露麻では20年前から4年に一度、個展を開催していて、今回で5回目です。

会場には、この4年間で製作した作品34点が並んでいます。

どれも心が弾むような色鮮やかな作品の数々。
キャンバスには、すべて坂谷さんが大好きな花が描かれています。

坂谷さんは、自宅の庭で様々な花を育てています。

花を見るだけでなく、ふれたり、話しかけたりして大切に育てている日々。
手入れをする中で、それぞれの花が満開に咲き誇り一番美しいと思った瞬間に、その花の魅力を作品に表現しています。

坂谷由美子さんの作品の数々は、ぜひ会場でご覧ください!







[ 1 - 5 件 / 2511 件中 ] 次の5件 >>