歩く東松山情報局
 
2018/10/17 9:00:00|取材
「てくてくわくわく歩育ブック」 スリーデーマーチ プレウォーク

10月16日(火)、スリーデーマーチ本番を前に、市内の公立保育園に通う園児たちが、およそ3キロのウォーキングコースに挑戦しました。

ウォーキングのまち・東松山市では、歩くに育むと書く「歩育」に力を入れています。

このイベントは、子ども達が、幼稚園や保育園の生活や、家庭での普段の生活の中で、歩く楽しさを体験してもらい、子ども達の健やかな成長につなげようと作成した、「てくてくわくわく歩育ブック」の実践事業の一環で行われました。

今回は、歩育ブックに掲載されているウォーキングマップのコースに挑戦します。
参加するのは、東松山市内の公立保育園に通う、年長「ばら組」の園児99人。

たかさか保育園とわかまつ保育園の園児は、下沼公園を経由する「下沼公園コース」。
その他の園児は、五領沼公園と御茶山町児童公園を経由する「五領沼公園コース」を歩きました。

子どもたちは、コース途中の湧き水や、用水路の生き物に興味津々。

休憩場所の公園では、元気いっぱいに遊びました!







2018/10/16 19:14:14|取材
おとしよりを敬愛する集い

10月15日(月)、美土里町集会所で「おとしよりを敬愛する集い」が開催されました。

招待するのは、町内に住む70歳以上の方。

美土里町内には、70歳以上の方がおよそ120人います。
今回は、集会所の広さなどを考慮して、2回にわたって開催しました。

この日は2回目の開催。
会場には、59人が集まりました。

今年も集まった皆さんに喜んでもらおうと、町内会では様々な催しものを準備。
はじめに登場したのは、「ウクレレ アロハーズ」の皆さん。
会場には、軽快なハワイアン音楽が流れ、盛り上がりました。
また、昭和の歌謡曲が流れると、全員で歌いました。

続いてはマジックショーです。
楽しいトークも交えながら、次々に繰り広げられるマジック。
会場は、歓声と笑い声に包まれました。

その後は、地元みどり保育園の園児およそ30人が登場。
元気いっぱいのあいさつと踊りで会場を温かい雰囲気に包みました。

地元の皆さんのおもてなしの気持ちが詰まった温かい会でした。







2018/10/15 9:36:52|取材
第7回 東松山市オープンミックスバドミントン大会
10月14日(日)東松山市民体育館で「第7回東松山市オープンミックスバドミントン大会」が開催されました。

この大会は、男女がペアを組む「ミックスダブルス」形式で行われます。
試合は、1ゲーム21ポイント制で、3ゲームを先に取ったペアの勝利。

大会は、年齢ごとに5つのブロックに分かれ、始めにグループトーナメント方式の予選が行われます。
予選を勝ち抜いた上位ペアが、決勝トーナメントに進出します。

今回は、東松山市内外から、合わせて200組以上のペアが参加しました。

第1試合から互いにポイントを取り合う、白熱した試合が繰り広げられました。

出場した選手の皆さん、本当にお疲れ様でした。







2018/10/14 18:18:31|取材
高坂丘陵地区 防災訓練

10月14日(日)高坂丘陵市民活動センターで、高坂丘陵地区 防災訓練が行われました。

高坂丘陵地区の防災訓練は、高坂丘陵地区ハートピアまちづくり協議会と自治会連合会高坂丘陵支部が主催、東松山市危機管理課と東松山消防署高坂分署が協力しています。

今年は、昨年のアンケートにあった、「防災訓練の趣旨を詳しく知りたい」という意見を取り入れ、はじめに防災講話が行われました。
比企広域消防本部高坂分署の署員から、近年日本で発生した災害や、避難・救助などに関連した話を聞きました。

続いて、避難図上訓練が行われ、参加者全員で、付与された災害条件に対して対応策を考えました。
参加した皆さんは、地図を見たり周りの人と相談したりしながら、災害対策を考えました。

続いては、避難訓練。
誘導に従って、視聴覚ホールから外の会場へ避難しました。

外会場では、煙体験、給水訓練、初期消火訓練、地震体験、応急手当訓練、炊き出し訓練ができるコーナーが準備されていて、地域ごとに4つの班に分かれて、それぞれ順番に体験しました。

毎年地域に住む皆さんの意見を取り入れながら開催している防災訓練。
高坂丘陵地区の皆さんにとって、改めて防災を考えるきっかけになったのではないでしょうか。








2018/10/13 18:32:27|取材
第57回 合唱の夕べ

10月13日(土)東松山市民文化センターで「第57回 合唱の夕べ」が開催されました。

合唱の夕べは、毎年秋に五月会の主催で開催されています。
東松山市を中心に活躍する合唱団が集まり美しい歌声を披露し、毎年多くの観客が訪れています。

今年は、女声合唱の東松山フラウエンコール創立55周年の記念の回となりました。

東松山フラウエンコールは、1963年に15人の歌の大好きな女性が集まり結成されました。

指導にあたったのが、フラウエンコールの母体となる五月会を夫婦で立ち上げた小山貞子さん。

五月会には、他にもメンバーによっていくつかの合唱グループがあります。
フラウエンコールよりも前に結成した高校生以上の一般が所属する東松山ユンゲルコール。
ユンゲルコールに所属する男性のみで結成した東松山メンネルコール。
小中学生が所属する東松山少年少女合唱隊。
幼稚園から小学1.2年生までが所属する東松山リープヒェンコールです。

今回は「四季」をテーマに、二部構成で行われました。
第一部は春と夏に関する歌、第二部は秋と冬に関する歌をそれぞれ歌いました。









[ 1 - 5 件 / 2488 件中 ] 次の5件 >>