歩く東松山情報局
 
2019/03/18 9:00:00|その他
第15回 嵐山交流演奏会

3月17日(日)国立女性教育会館の講堂で「第15回嵐山交流演奏会」が開催されました。
 
この演奏会は、嵐山町で活動をする音楽団体が一堂に会し、年に1回行っています。
今回で15回目になり、嵐山町の一大文化イベントの一つとなっています。
今年は18の団体が参加し、日ごろの練習の成果を発表しました。
演奏前には、各団体のPRタイムがあり、どんな団体がどのような活動をしているのかを知ることができます。
この演奏会は出演者がスタッフとなり運営をしています。
司会進行は、出演団体の指導をしている村西さん、村田さん、竹中さんが行いました。
また、楽器や楽譜、マイクのセッティングには、サンディーズダンスチームやMMSベルの子どもたちが参加をしました。
その他の誘導係や受付も各団体が交代をしながら行いました。
演奏会の最後には、全員で「ふるさと」を歌い、盛大な拍手を送られながら幕を閉じました。







2019/03/17 9:00:38|取材
ハードピアまつり

3月16日(土)と17日(日)の二日間、松山市民活動センターで、ハートピアまつりが開催されました。

これは、普段、松山市民活動センターで活動しているサークルが、活動の成果を発表する、一年の一度のお祭りです。

中庭では、朝市をはじめ、わたあめやポップコーンの無料配布、団子や赤飯、手芸品などが格安で販売されます。
初日の16日に取材に伺うと、たくさんの人で溢れていました!

また、活動センター内のホールでは、大正琴や合唱、オカリナ、民踊などの団体による、発表会が行われていました。

1日目にホールで行われた発表会の様子は、5月6日から放送の「スタジオひき」で放送しますので、ぜひチェックしてみてくださいね!







2019/03/16 17:50:00|その他
親子スポーツ教室「タグラグビー」

3月16日(土)南地区体育館で「親子スポーツ教室」が開催されました。

東松山市では、スポーツを通して親子のコミュニケーションを深めてもらおうと、毎年親子スポーツ教室が開催されています。
今年は、日本でラグビーワールドカップが開催されることにちなみ、タグラグビーが行われました。
この日は市内に住む小学1年生から3年生までの児童と保護者、30組近くが参加しました。
タグラグビーは、ラグビーのタックルを「タグ」と呼ばれるひもに置き換えたものです。
ラグビーのルールも単純化しているため、年齢や性別、経験に関係なく、誰でも楽しむことができるスポーツです。

大人チーム・子どもチームで試合が行われましたが、年齢や体格差を感じない、白熱したゲームが繰り広げられていました。








2019/03/15 17:41:00|その他
仮想世界を撮る ‐仮想現実と仮想非現実‐

3月14(木)〜17日(日)ギャラリー&カフェ亜露麻で、作品展「仮想世界を撮る‐仮想現実と仮想非現実‐」が開催されています。

この作品展では、インターネット上の仮想世界「Second Life」で撮影された写真の数々が展示されています。
作品展の運営を行っている「胡坐家」さんは、東松山市在住ということから、亜露麻で開催されることになりました。
インターネットやSNSで参加を呼び掛けたところ、30人のユーザーから約100点の写真が出展されました。
胡坐屋さんによると、このような写真展は、国内では初めての試みだそうですよ。

この作品展はSecond Lifeを知らない人も楽しめますので、ぜひご覧ください!








2019/03/14 20:00:52|取材
市の川サッカースポーツ少年団の卒団式

3月10日(日)市の川小学校のグラウンドで市の川サッカースポーツ少年団の卒団式が行われました。

年長から小学生までの子どもたちにサッカーを教えている市の川サッカースポーツ少年団。
今回は、4月から中学生になる14人のメンバーが卒業します。

はじめに、卒団するメンバーが一人ひとり前へ出て、監督やコーチと握手を交わし、これまで支えてくれた家族に感謝の言葉を伝えました。
卒団PKを決めると、メンバー全員とハイタッチをしました。

我が子からの感謝の言葉に、涙したり抱き合ったりする家族もいて、感動的な卒団式となりました。

市の川サッカースポーツ少年団は、子どもが少なくなったことなどから、今年で解散が決まっています。
解散後は、東松山北サッカースポーツ少年団と統合する予定です。

卒団生も在団生も、新しい環境になっても楽しくサッカーを続けてくださいね!







[ 1 - 5 件 / 2581 件中 ] 次の5件 >>