歩く東松山情報局♪
 
2018/01/27 10:58:02|取材
ブラインドサッカーを体験!

目が見えない人でもサッカーを楽しめるように、フットサルを基に誕生したブラインドサッカー。
選手の条件をそろえるため、ゴールキー パー以外は全員目隠しをした状態にします。
鈴が入ったボールを追いかけ、その音や、プレイヤーの声などを頼りにプレイします。
目に障害を持つ人だけでなく、障害を持たない人でも楽しめるスポーツとして、注目されています。
1月26日(金)、東松山市立野本小学校で、日本代表として活躍している選手を講師に招いて、講演会が行われました。
講師は、ブラインドサッカーチーム「埼玉T.Wings」でキャプテンを務める加藤健人さん。
2007年から日本代表として、様々な国際大会に出場しています。
ブラインドサッカーを通して経験したことや、人とのつながりで感じた事を伝えるため、体験会や講演会を多く開催しています。
始めに、ブラインドサッカーとはどんな スポーツかを、DXD上映を交えながら紹介。
次に、選手たちがどのようにプレイしているか、加藤さん自らお手本となり紹介しました。
ボールの中にある鈴の音や相手の声などを頼りに、華麗なボールさばきを披露。
子どもたちから歓声が上がりました。
そして、児童20人と先生5人が代表して、ブラインドサッカーを体験。
2人1組になって、加藤さんと同じポーズを教え合ったり、実際にシュートを打ったりしました。
見えない状態の相手に、どうしたら伝わるか、児童や先生は、悪戦苦闘していました。







2018/01/18 9:30:06|その他
さよなら ピナ

埼玉県こども動物自然公園から悲しいお知らせが届きました。

動物園で飼育している“世界一小さい鹿“「プーズー」の1頭が平成30年1月16日(火)に死亡しました。

死亡したのは「ピナ」(メス・2歳)。
ピナは、平成28年にチリ共和国サンチアゴ・メトロポリタン公園から寄贈された4頭のうちの1頭で、翌年にはオスの子を1頭出産しました。

平成30年1月8日から食欲低下がみられ、獣医による治療・投薬が続いていましたが、残念な結果となりました。

今回プーズー1頭が死亡したことにより、こども動物自然公園のプーズーは昨年生まれた2頭を含め、5頭になりました。
5頭は元気で、通常どおり展示しています。 

なお、プーズーの国内飼育展示園館はこども動物自然公園のみです。

(こども動物自然公園のプレスリリースより)








2017/11/17 17:57:57|その他
第24回「ひかり」写真展 開催中

11/16(木)〜11/21(火)まで、東松山市民文化センター2階展示室で、
「第24回『ひかり』写真展」が開催されています。

写真同好会「ひかり」は、退職した教職員で構成される「埼玉退職教職員協議会 比企支部」の、数多くあるサークルの中のひとつです。
写真技術の向上と、仲間との親睦を深める目的で誕生しました。

月2回の定例会の他、毎年写真展を開催しています。
24回目の今回は、100点の写真が会場に並びました。
撮影地は、埼玉県をはじめ、群馬・長野・青森など、様々。
中には、ニュージーランドで撮影された写真も並びました。

撮影者の個性が表れる、見ごたえのある写真展となっています。
ぜひご覧ください!


 







2017/10/26 19:23:02|その他
埼玉読売写真クラブ 第15回大東大支部会写真展

10/24(火)〜29(日)まで、東松山市立図書館3階で「埼玉読売写真クラブ 第15回大東大支部会写真展」が開催されています。

埼玉読売写真クラブは、全国に39ある読売写真クラブの内の一つです。
今年で設立25周年を迎え、県内に8つの支部会があります。
その中の一つで、大東文化大学オープンカレッジの写真講座の卒業生を中心に設立されたのが、大東大支部会。
フリーカメラマンの鈴木万寿夫さんを講師に迎え、月に1回、高坂丘陵市民活動センターで活動を行っています。
毎年写真展を開催していて、今年で15回目です。

今回は、63点の作品が出展されています。
出展されているのは、講師の鈴木さんの作品と、「光と影」がテーマのテーマ作品、自由作品、そして、今年の例会コンテストで入賞した作品です。

素敵な写真がたくさん展示されています。
興味のある方は、ぜひ足を運んでみてください!







2017/10/15 19:11:01|その他
100円商店街開催!

10月14日(土)に『第10回 100円商店街お宝市』か開催されました。

100円商店街は、2004年に山形県で誕生してから、全国で100を超える自治体で開催されています。
現在では街バル、まちゼミと並んで「商店街活性化の三種の神器」と呼ばれているイベントです。
東松山市では、2013年の5月に初めて開催されました。
年に2回行なわれ、今回で第10回です。

会場は、東松山駅東口から1キロ以内にある6つの商店街と、丸広百貨店です。
会場全体を、ひとつの大きな100円ショップに見立てて、多くの人に商店街を訪れてもらうことが、このイベントの狙い。
今回は、商店街のお店43店の他に、近隣の商店や福祉団体で作られる「まちなか再生応援団」の中から27団体、合わせて70店が出店しました。
この日は、前日の雨の影響で、少し肌寒い曇り空。
それでも商店街には、多くの人が訪れていました。
訪れた人は、商品の安さに驚きながら、どんな商品があるか、お店を見てまわっていました。
ひとつ100円という値段からか、たくさん商品を買う人も。
お店によっては、開店前から行列を作っていたり、開店から2時間ほどで商品が売り切れたりする所もありました。

毎回多くの人でにぎわう100円商店街。
次回の開催が今から待ち遠しいですね!
 







[ 1 - 5 件 / 2455 件中 ] 次の5件 >>