歩く東松山情報局♪
 
2017/10/05 9:49:39|その他
須賀 訓 ガラス作品展

9月16日(土)から10月14日(土)まで、
ギャラリーカフェあーとの国で『須賀 訓 ガラス作品展』が開催されています。

須賀 訓(すが さとし)さんは、埼玉県出身のガラス作家。
小川町に工房を構え、ワークショップも開いています。
須賀さんの作品の多くは、鋳型を作り、中にガラスをつめて窯で焼く、
「パート・ド・ヴェール」と呼ばれる技法を使います。
その特徴は、表面に曇りガラスのような不透明さを持つこと。
作品の原型は、主に粘土や石膏などでつくる他、ゆずやたまごといった、身近なものも使っています。

また、須賀さんの作品は虹色に光ります。
この方法は、科学工作キットからヒントを得て作り出した、須賀さんのオリジナルの技法。
ガラスの底に特殊なシートとラメを付けることで、光を受けると、様々な色に変化します。
今回の作品展では、この須賀さんオリジナルの作品を含めて、200点以上が並びました。
作品は、ペーパーウェイトやオブジェだけでなく、一輪挿しやアクセサリーなど様々。
ワイングラスを熱して形を歪ませ、お酒を呑みすぎた様子を表現したユニークなものも見ることができます。
また、虹のかけらとして、光学ガラスを加工したものも展示されました。

全ての作品が実際に手に取り、間近に見ることができます。
これまで県内にとどまらず、東京都から作品を見に来たという人も!
作品の中で気に入ったものがあれば、その場で購入することができます。

興味のある方は、ぜひ足を運んでみてはいかがですか。







2017/10/05 9:38:38|その他
野鳥たちの貴重な一瞬を捉えた写真展

10月3日(火)〜10月8日(日)まで、東松山市立図書館3階で『第7回野鳥の写真展』が開催されています。
 
野鳥の写真展は、「野鳥の写真展の会」の作品展として、2年に1度開催しています。
「野鳥の写真展の会」は、野鳥写真の愛好家の皆さんが集まって、今から14年前に結成しました。 

野鳥を撮影する上で大切にしていることは、野鳥の自然な姿や仕草を捉えること。
そのため、子育て中の時期に、ストレスを与えないため、鳥の巣の近くで観察をしない、野鳥を近くで撮影するために、エサをまいたりしない、などのルールを決めているそうです。

「野鳥の写真展の会」の会員の皆さんは、埼玉県内を中心にいろいろな地域に住んでいます。
野鳥の観察は、自分が暮らしている地域やその周辺で行なうことがほとんどですが、日本各地に足を運んで活動する方もいます。
中には、30時間かけて母島まで撮影に行った方もいたそうです!

野鳥をカメラで撮影することはとても難しいため、写真展の開催を2年ごとにしています。
この写真展は、2年間の野鳥観察の成果を発表する場であり、情報交換の場でもあります。
ハシボソカラスやメジロといった、私たちの身近にいる野鳥から、
イヌワシやシマフクロウなどの、普段あまり見ることのできない種類まで、
32種類、合わせて33点の野鳥の写真が並びました。
どの種類を選ぶかは、事前に情報交換しているため、
会員の皆さんは同じ種類の作品を選ばないようにしているそうです。
このため、多くの種類の写真を見ることができます。
作品の一つ一つにつけられているのが、撮影者のコメント。
そこには、撮影時の様子や見てほしいポイントが書かれていて、撮影者の思いが込められています。

興味のある方は、ぜひ見に来てはいかがでしょうか。







2017/10/02 15:30:00|その他
日本スリーデーマーチ オリジナルフレーム切手発売!

毎年世界中から多くのウォーカーが訪れる、日本スリーデーマーチ。
今年で第40回の開催を迎えます。
それを記念して、日本郵便株式会社でオリジナルフレーム切手が作られ、10月2日(月)に発売されました。
発売当日、東松山市役所で切手の贈呈式が行なわれました。

贈呈式では、上吉田郵便局局長の山口実さんから、スリーデーマーチ大会会長でもある森田光一市長と、中村幸一教育長にそれぞれ切手が手渡されました。

オリジナルフレーム切手は、82円切手が10枚で1セットになっています。
価格は1300円。東松山市内と近隣の郵便局で1000部限定で販売されます。

郵便局での販売の他に、30部限定でインターネット販売も行なっています。
さらに、スリーデーマーチが開催されている間、中央会場の郵便局ブースでも販売される予定です。

ぜひチェックしてみてください!


販売されている郵便局はこちら
file:///C:/Users/hctvuser/Desktop/309.pdf







2017/09/17 18:17:00|その他
国際レッサーパンダデー!
毎日様々な記念日が設けられていますが、今日は「国際レッサーパンダデー」なんだそうです。

これは、Red Panda Network(レッドパンダネットワーク)が提唱している記念日で、野生のレッサーパンダの現状や保護活動の必要性を知ってもらおうと、毎年9月の第3土曜日を「国際レッサーパンダデー」に定めています。

これにちなんで、日本でも様々な動物園でレッサーパンダのイベントが開催されています。

現在5頭のレッサーパンダがいる、埼玉県こども動物自然公園も9月16日から18日までの3日間、イベントを開催しています!

17日のこの日は、『エンリッチメントデー「幸せをあげよう」』が行われました。
「エンリッチメント」とは、刺激の少ない動物園内での飼育環境に工夫を加えて、環境を豊かで充実したものにしようという試み。
今回は、竹で作った遊び場を用意し、レッサーパンダのソウソウくんに遊んでもらいました。
大好きなリンゴが竹の遊び場の上に置かれると、ソウソウくんは竹にぶら下がったり、よじ登ったりしながら、見事リンゴを食べました。
「レッサーパンダ」という動物について、飼育員の解説を聞きながら、みんなでソウソウくんの姿を観賞しました。

こども動物自然公園では、現在、アニマル基金「レッサーパンダのしあわせな庭」の寄附金を募集しています。
複数のレッサーパンダが屋外で過ごせるように、第二屋外放飼場の整備をするための募金です。
募金は10月末まで行われていますので、ご興味のある方は動物園にお問い合わせください。

こども動物自然公園では、6月に赤ちゃんレッサーパンダも誕生しています。
こちらも10月に公開を予定していますので、ぜひ動物園に足を運んでくださいね♪







2017/09/16 13:22:42|その他
システムメンテナンスのお知らせ
いつも東松山ケーブルテレビのサービスをご利用いただきまして誠にありがとうございます。

今後も安定してご利用いただくため下記日時にてシステムメンテナンスを行います。
それに伴いまして一部サービスがご利用できなくなります。

ご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解いただきますようよろしくお願い申し上げます。


【日時】10月7日(土) 午前0時〜午前7時
【停止サービス】スマイルクラブオフ

※終了時間は前後する場合もございます。予めご了承ください。

お問い合わせ 東松山ケーブルテレビ 0493-27-8200