歩く東松山情報局
 
2019/03/12 17:32:02|その他
第10回 絵の森展 開催中!

3月12日(火)〜17日(日)、東松山市立図書館3階展示室で「第10回 絵の森展」が開催されています。

絵の森は、楽しく自由に水彩画を描く仲間のグループで、現在は17人が所属しています。
絵の森では、毎年この時期に年1回の作品展を開催していて今回で10回目を数えます。
今年は、会員が1年間で描いた風景や静物画など、合わせて73点を展示しています。
 
絵の森展は、17日(日)まで東松山市立図書館3階展示室で開催しています。
ぜひご覧ください。







2019/03/09 17:57:00|その他
箭弓稲荷神社 火伏神事
3月9日(土)箭弓稲荷神社で「火伏神事」が行われました。

火伏は防火を願って、初午大祭の前日に行われる儀式。
前原宮司はじめ参列した消防関係者や市内町内会長などは、柄杓の水、験(しるし)の杉、砂を燃え盛る火に向かってかけました。
この儀式には一般の参拝客も参加でき、火伏具を「エイ!エイ!エイ!」の掛け声で火に向かってかけていきました。







2019/03/02 18:56:57|取材
子供囲碁教室

3月2日(土)嵐山町にあるふれあい交流センターで、「子供囲碁教室」が行われました。

この子供囲碁教室は、嵐山町囲碁の会主宰で、5回の日程で行われます。

この日は、第1回の教室。
参加したのは、6歳から11歳までの子どもたち6人です。

はじめに、囲碁の会の大滝会長が、囲碁の歴史や囲碁界について説明しました。

囲碁は、2500年以上前の中国で生まれた、人類の歴史上最も古いゲームといわれています。
子どもたちは歴史について語る大滝会長の話に、真剣に耳を傾けていました。

囲碁の歴史について学んだ後は、囲碁のルールについて学びました。
囲碁は、碁盤の上に白と黒の石を交互に置き、陣地を取り合うゲームです。
大滝さんは、囲碁の用語などを解説しながらゲームの基本を紹介しました。

子どもたちは、実際に石を置きながらルールを学びました。
子どもたちには一人ずつ会員が横に着き、わからないところや間違っているところなどを丁寧に教えていました。

ルールが難しいイメージがある囲碁ですが、この教室を通して、楽しさを感じられると良いですね。







2019/02/28 18:59:48|取材
ワイワイタイム&感謝の会

2月27日(水)東松山市子育て家庭支援センターソーレで、ワイワイタイム&感謝の会が行われました。

子育て支援センターソーレでは、親子で参加できるイベントや、子育て中の親を対象とした講座、子育て相談などを行っています。
毎月開催される親子で楽しめるイベントの際には、多くの親子が集まっています。
季節に合わせた行事や誕生会、子育てサロンの運営には、ソーレのスタッフだけでなく多くのボランティアが携わっています。

この日は、ワイワイタイムの前に、感謝の会が行われました。
感謝の会は、日頃からお世話になっているボランティアの人に感謝の気持ちを伝える会です。

今年度ボランティアとして携わったのは、「東松山母子愛育会」「きらめき市民大学ボランティアクラブ」「子育てマウス」など11団体。

会場には、そのうちの10団体16人が参加しました。

参加した皆さんは、一列に並ぶと、子どもたちから感謝の気持ちが込められたプレゼントを受け取りました。

プレゼントは、干支にちなみ画用紙で作った猪が描かれた絵馬と、お母さんからのメッセージです。
可愛らしいカードにボランティアの皆さんは嬉しそうにしていました。

感謝の会を通して、ボランティア団体の皆さんに、保護者や子どもたちからの感謝の気持ちが届いたことでしょう。







2019/02/27 19:02:34|取材
第4回かがやき作品展

2月26日(火)から3月3日(日)まで東松山市立図書館3階展示室で「第4回かがやき作品展」が開催されています。

埼玉県では、満60歳以上の方を対象に、生涯学習や交流の場として彩の国いきがい大学を開校しています。

大学には、仲間づくりと社会参加のきっかけづくりを学ぶ一般過程と、芸術や歴史などの専門分野を学ぶ専門課程があり、学生の皆さんは、学ぶことの楽しさを感じながら仲間とともに学園生活を送っています。

また、クラブ活動にも精力的に活動している学生の皆さんは、大学を卒業した後にも活動を続けている方が多くいます。

今回「かがやき作品展」に作品を出品したのは、平成25年・26年度の2年間、いきがい大学東松山学園で学んだ29期生の皆さん。
今回はおよそ40人が作品を出品しました。

会場には、油彩画や日本画、水彩画、写真、版画、書、絵手紙、陶芸、手工芸など幅広いジャンルの作品が並びました。

彩の国いきがい大学東松山学園は平成27年で廃校になり、その後は、嵐山東松山学園として嵐山町にある国立女性教育会館に場所を移しました。

東松山学園で学んだ皆さんの母校はなくなり、クラブ活動の場も分かれてしまいましたが、この作品展が年に一度同期の仲間と再会できる場になっています。

幅広いジャンルの芸術作品が一堂に会する作品展です。
ぜひお出かけください。