XR日誌
 
2021/06/14 19:25:15|パーツ
MARCHAL
 昨日正丸に,モンキーに乗ってきたメンバーがいた。初代CB750FOURと同様の塗装で販売されていたモデルだ。

 モンキーをノーマルのままという人は少なく,この個体も多くの箇所に手が入っている。

 その中で雰囲気のあるのが,マーシャルに変更されたヘッドライト。ライトが規格品だった時代は,CIBIEとともに良く使われたものだった。

 マーシャルは現在シビエに吸収されているようだが,ブランドとしては残っている。ちょっと懐かしい猫マークだった。

 2021.6.14(月)


 







2021/06/13 17:55:03|
堂平
 堂平天文台の下から延びる都幾川ダートを目指したのだが,残念ながら通行止め。

 そこでパラグライダー発進場所付近にある写真のダート路を走り,その後定峰峠へ。そこから秩父に下りるつもりだったが,残念ながらK11の秩父側は通行止め。

 Uターンして刈場坂峠経由正丸へ。奥武蔵グリーンラインは一応開通したものの,支線の多くはまだ通行止めのままだ。

 2021.6.13(日)

 







2021/06/12 18:57:05|
刈場坂峠
 奥武蔵グリーンラインは,2019年の台風で崩れて以来通行止めとなっていたが,最近開通したと聞き走りに行ってきた。

 吾野から上がって刈場坂峠で一服し,一枚撮影。ここまでの経路は,長く通行止めになっていたのに路面は随分綺麗だ。開通前に清掃したように伺える。

 しかし刈場坂峠から正丸トンネル東側に降りる道は,所々苔が生えていて,状況によっては滑り易い。まあ,今後車が多く通行すればそれもなくなるだろう。

 2021.6.12(土)

PS 吾野に向かっている途中,傍若無人な1200or1250GSが走っていた。赤信号でセンターラインを越え車列の前に出るのだ。しかし青になっても発進が遅く,結局私の方が前に出てしまう。するとスロットルワイドオープンで追い越していく。

 そのままずっと追い越して行ってしまえばどうということはないのだが,いつまでも私の前をトロトロ走っている。それが何回か続いた。

 これを見て,以前の奥多摩での出来事を思い出した。

 まあ今回私は吾野からグリーンラインに上がったのでそれ以上はなかったが,自己顕示欲丸出しのトロいGSだった。

 







2021/06/11 17:27:30|何でも3
遊びたい犬
 正丸峠の茶屋で一服していると,そこに大きな犬とそのご主人が戻ってきた。リードを曳いて犬を所定の場所に連れて行こうとするのだが,まだ遊びたいと抵抗。

 そのうち首輪がスポッと外れ,自由の身となって走り回っていた。呼んでも戻ってくる気はなく,ご主人を気にしながらも距離をとっていた。

 しかし慣れたもので,エサを見せながら無事首輪。

 犬種を聞いてみるとイングリッシュコッカースパニエル。難しくて二度聞き直した。元々猟犬で,水に入るのが大好きらしい。

 オスの一歳で,体重27Kgあるそうだ。標準的には13Kg位とのことなので,食べ過ぎかと思ったが太り過ぎという印象はなく,兄弟皆大柄とのことで,そういう種類らしい。

 フリーの時の走りっぷりを見ていると,散歩は大変そうだ。残念ながら名前を聞き忘れた。

 もう少し近ければハッキリした写真になったのだが,スマホカメラの限界だ。

 2021.6.11(金)

PS 犬を掲載するのは今回で多分三頭目になる。一頭は時々河川敷で会うジョン。もう一頭は私が昔飼っていた柴犬だ。

 







2021/06/10 17:21:15|ライディング2
安比奈
 近場なら西名栗林道&大名栗林道,少し遠出なら中津川林道あたりを走りたいのだが,どちらも現在通行止め。

 そこでダート路面を求め,最近は安比奈に行くことが多い。そう広くないエリアだから飽きる面もあるのだが,しかし林道にはない斜面や凹凸が沢山あり,楽しめる。

 今日もモトクロッサーが走っていなかったので,コースに沿うのではなく縦横に走った。正にオフロード気分だ。

 2021.6.10(木)

PS ここに最初に来たのはXT250TかXLR BAJAに乗っていた頃。もう30年位前になる。地形は随分変わった。当時と比較すると息があがりやすくなり,体の反応も遅くなったような気がする。まあ歳ということだ。


 







[ 1 - 5 件 / 4285 件中 ] 次の5件 >>