まず動く

「動く」と,ものごとが見えてきます。仕事や旅などで動きまわり、そこで経験したことや見聞したことについて述べたいと思っています。ここで、「動く」という意味は身体だけでなく、頭も口もです。  いつまでも元気でありたいと願い、「動き」を実践しています。
 
元旦の餅つき
 ハワイの元旦は日本同様に静かだ。元旦1日だけ休むようで、日本のように元旦の前後数日休むような大型連休はない。しかし、ハワイに住む多くの日本人は、大晦日に年越し蕎麦、元旦にお雑煮とおせち料理を食べるようだ。木曜午餐会でお世話になったキリスト福音伝道者のエノック山田先生から、元旦午前10時半ごろからマキキ聖城キリスト教会で子供の餅つきがあり、お餅をお腹いっぱい食べられるというお話しをうかがった。子供好きの我々夫婦は、子供餅つきと聞き迷わず参加すると申し上げ、予定をカレンダーに書き込んでおいた。
 
 元旦は晴れ、朝暗いうちにイリカイを出て、いつものようにアラワイ運河沿いの細長い公園へ向かい、元旦の気功体操を済ませる。アラモアナ・センターへ立ち寄ったが、全店休業でいつもなら車が溢れる駐車場は空っぽだ。イリカイに戻り、1時間ほど休憩。LSC仲間の柴崎さんを誘いマキキ聖城キリスト教会の餅つき会場へ向かう。すでに大人の教会員が餅つきを始めていて、出来上がった餅を部屋に運んでいた。先に大人がお餅をつき、お雑煮、大根おろし餅、あんこ餅、きな粉餅を準備しておくようだ。外では、子供の餅つきが始まり餅つき経験者から、杵の持ち方を教わり一緒になって餅をついていた。
 
 お餅を頂く前に、広い中庭で教会員、参加者一同が手をつないで円陣を組み、原田牧師の祈りの言葉を聞いた。部屋に入ると、食べやすいように丸めたお餅が沢山並べられている。順にプラスチック容器を手にして献金をする。各自好きな餅を皿に乗せ、大根下ろし、きな粉、あんこなどを皿の餅の上に乗せ、席につきお餅を頂いた。つきたての餅をここハワイで食べられるとは予想外であったので、とても美味しく頂け、また、日本にいても見ることがほとんどない珍しい餅つき光景を見ることができた。お腹がいっぱいになり帰路につく前、山田先生に礼拝堂を案内して頂いた。天井には和風模様の図柄が一面に描かれてあった。外へでるとマキキ聖城キリスト教会の原田憲夫牧師がおられたので、山田先生に紹介していただいた。このとき、次週の日曜日(1月7日)の礼拝に参加したい旨を伝えて帰路についた。【2018年1月1日】
 
平成30年1月5日(金) イリカイ・ホテルにて記す
 







平成29年(2017)最後の夜
 平成29年(2017)12月31日の夜に、「新名亭」と通称呼ばれている木曜午餐会会長の新名瑛様のお宅に招待され、テレビ放送の除夜の鐘(新年のワイキキ花火打ち上げ)が響くのを待っていた。それ以前に、おせち料理に代わる豪華な料理(写真1)が準備され、時のくるのを待たずにご馳走になろうとしていた。料理は、写真に見るようにお膳いっぱいにお刺身、お寿司、リブ(肋骨部の食肉(主に牛肉))、魚のフライ、松前漬け、マッシュポテトなどで和洋折中の豪華な年越し料理である。あまりにも美味しそうなので、食べる直前に“ちょっと待った”の号令がかかり写真撮影が始まる(写真2)。写真撮影の後は、料理に自由に手をだし、お腹いっぱいになるまで頂く。
 
 そうこうしている間に、新名亭ご主人の新名さんは年越し蕎麦を沢山茹でていた。シンプルな盛り蕎麦であるが、これが一流のそば屋で食べる以上に美味しいのだ。まさか、ハワイにいてこんなに美味しい年越し蕎麦が頂けるとは夢にも思っていなかったので、嬉し涙がでる。妻Makikoも同様で美味しいという。蕎麦好きが言うのだから間違いない。
 
 テレビにアダプターを取り付けると、ハワイにいて日本のNHK紅白歌合戦が日本同様に同時に見える。その歌合戦の画像を見ながら酒に、料理に、話に花がさく。この日のNHK受信は、ハワイ在住の方々が一斉にテレビを見ているからだろうか、1〜2分放送が受信できると静止画になり待たされるとうことを繰り返していた。そのため、テレビは点いているのだが、見ている人は少ない。テレビで除夜の鐘が鳴り出したところで、全員が屋上へ移動。12時直前に早くも遠くで音がする。写真3に示すように遠方のあちらこちらで花火が打ち上がっているのが見える。やがて12時になると写真4、5のようにワイキキと思しき所から火の玉が見え始める。ここ新名亭の屋上から見えるワイキキ花火は、写真5のようにビルが邪魔して一部欠けた姿の花火だ。それでも、終盤近くに上あった花火の大技は、写真6のように綺麗に見えた。
 
 こうして、平成29年の大晦日は、新名瑛さんに招待され、新名亭で豪華な食事と年越し蕎麦をご馳走になることが出来た。その上、居ながらにしてワイキキの新年の打ち上げ花火を、招待された皆さん(写真7)と一緒に見ることが出来た。ここ屋上には15人ほどの住民の方が見ているだけなので人混みに合わない。数年前に始めてワイキキの花火をワイキキビーチで見たが、相当数の人が集まり、人の背から新年の花火を見た。その帰り、今度は、大勢の人がビーチから一斉に家路につくため路上に溢れ、思うように道路を歩けなかったことを思い出す。このことがあって、それ以来ワイキキの花火を見に行っていない。
 今回、新名瑛様、奥様より「大晦日に年越し蕎麦を食べ、新年に打ち上げる花火を屋上で見ませんか」と嬉しいお誘いを頂けたお陰で、平成30年(2018)の大晦日をハワイで迎えることが出来た。ここに、新名瑛様、奥様に厚く感謝すると同時に、同席され食事をともにし、楽しくお話をさせていただいた皆さんにお礼申し上げます。【2017年12月31日】
 
平成30年1月4日(木) イリカイ・ホテルにて記す







パッチワークの先生Sさんご夫婦案内でオアフ島の北の街ハレイワ(Haleiwa)でブロイド・チキンのランチ
 朝の気功体操を終えてから一旦ホテルに帰り、一寝入り。10時半にイリカイ玄関でSさんご夫婦の出迎えで、ハレイワ(north sore)へ向かう。向かうところは、ハレイワにある「レイズ キアヴェ ブロイルド チキン(Ray’ Kiawe Broiled Chicken)」という焼き鳥(鳥の丸焼き)屋さんである。
 
 丸ごと鶏を焼いた焼き鳥を1匹買い、食べやすいようにバラしもらった焼き肉を食べる。近くの公園(ハレイワ・アリイ・ビーチ・パーク)内芝生に設置されてあるテーブルの上にピクニック風にブロイド・チキン、その他Sさん夫婦が用意したお握りや手作り料理を並べ、食べて、お喋りしながらのランチだ。MakikoはパッチワークのS先生とパッチワークの話。Koichiはご主人と共通の話題である電気・オーディオの話で話が弾む。その昔、秋葉原で求めた真空管、抵抗、コンデンサーなど電気部品の話、オーディメーカーの山水、パイオニア、レコード針の長岡だのシュアだのその昔通った秋葉原、手がけた音響装置などの話で盛り上がる。このような昔の専門家にハワイで出会えるとは思わなかった。Sさんも私も専門は電気工学であるが、電気や機械の話をする機会が全くなくなった今日この頃である。そのため、その話がとても懐かしく、会話をするのが非常に楽しかった。
 
 ブロイド・チキンとお握りのランチを済ませ、この街で有名なマツモト シェイブアイス店を通り過ぎ、帰路につき、イリカイ・ホテルに戻ったのは午後2時半。食事に談話に話が弾み、とても楽しい半日を過ごせた。鳥の丸焼き(ブロイルド・チキン)は、美味しかったし、それよりも増して、Sさんご夫婦との会話を楽しめた。感謝である。【2017年12月31日】
 
平成30年1月3日(水) イリカイ・ホテルにて記す
 







シェラトン・ワイキキの砂の像
 シェラトン・ワイキキ・ホテルの玄関に、毎年立派な砂の像が飾られる。飾る時期は、クリスマスシーズンが始まるころである。毎年飾る内容が変わるので覚えていないが、昨年(2017年)のクリスマスシーズンに写真のように横に長い砂の像が飾られていた。【2017年12月14日】
 
平成30年1月3日(水) イリカイ・ホテルにて記す
 







人生を豊かにする「木曜午餐会」〜一生青春 一生勉強〜
 ホノルルにマキキ聖城キリスト教会がある。この教会の歴史は124年前に開かれた古い教会で、教会の建物は高知城の天守をモデルにして建てられたという。この教会内で、木曜午餐会の講演が毎週欠かさず12時半〜13時半までの1時間行われている。この会の発端は1918年(大正7年)に時の諸井六郎総領事が発案・発足されたという。それ以来、この木曜午餐会の講演は、なんと今年2018年で、丁度100周年を迎えるという世界に例をみない歴史ある講演会である。人間生きるために役立つ真面目な講演を100年間、しかも毎週開催されているというから驚く。
 
 開催されない日もあるかと思うが、仮に毎週開催されたとして、100年間で行われた講演の数は4800回と多きにわたる。講演内容は、法律、経済、医療、園芸、音楽、言語、歴史など多義にわたる内容で、講師は大学教授、弁護士、報道人、その道の専門家やベテランの方々である。
 現在の木曜午餐会の会長は、新名瑛さんで「一生青春、一生勉強」をモットー(motto)とし、平均年齢が80歳という高い年齢層の皆さんがこの木曜午餐会の会場に講演を聴きに足を運んでいる。その方々は、とても元気で明晰な頭脳の持ち主ばかりである。この木曜午餐会に招かれ、一昨年、昨年と12月に講演する機会を得た。一昨年は「人生に役立つ人間工学」、昨年は「重力があるから腰痛を起こす。〜腰に大きな力がかかる話〜」という演題でお話しさせていただいた。いずれの話も、工学の人間が話すのでどうしても物理、力学、数学が顔だす。それを押さえ、豊富な図や模型を手にして内容の理解につとめた。
 
 昨年12月28日(木)に行った講演は、腰に大きな力がかかる話なので、人に加わる重力、重心線、力のバランス、支持基底面などの話がでる。事例を示し分かりやすく解説したつもりでいる。この木曜午餐会での講演を無事に終えることができた。60人ぐらい、当地の二世の方々や在住するお年寄りに聴講してもらえ、看護専門学校の学生以上に厳しい質問がでた。例えば、90歳を超えたおばあちゃんが「私はつかまらないと立ち上がれないのですが、つかまらなくても立てる方法はありますか」、「日本へ毎年行っているが、JRの階段で上るエスカレーターは沢山あるが、下るのは少ないのでJRに下るエスカレーターを増やしてもらうよう要求してほしい」、変な質問だが「女性の土左衛門(水死体)は上を向くが、男性のそれは下向きです。それはなぜですか」などである。いずれの質問者も90歳を越えた方である。この木曜午餐会参加者の平均年齢は80歳ということを前述したが、参加者の皆さんは80歳とは思えないほど、とても元気で若々しい。長生きの秘訣の一つに知的好奇心をいつまでも持ち続けることが含まれると思えてならない。
 木曜午餐会は、2018年1月11日に100周年のお祝いの会がある。そのお目出度い100周年の会に参加可能かと尋ねられた。ところが、1月9日に帰国の途につくので、残念だが欠席と伝えた。私の話が99年目の最後であったようなので、忘れられない一生の想い出が一つできた。加えて、「ハワイ 木曜午餐会100周年記念歌」のCDができあがり、頂戴した。この歌を覚え、来年も参加したいと思っている。
 私たち夫婦は、何年か前にこの木曜午餐会が毎週開催されていることを知り、それ以来、ホノルルに滞在中は毎週の木曜日を楽しみにしている。帰国までにもう一回開催されるかと思っていたが、100周年記念が1月11日(木)に開催されるので、それより1週間前の1月4日(木)はお休みと聞き、残念に思っている。ハワイに行かれることがある方、ぜひ、一度マキキ聖城キリスト教会を訪れて木曜午餐会に参加されることをお勧めする。念のため、会場整理費として2ドルを準備されお出かけください。【2017年12月28日】
 
平成30年1月1日(月) イリカイ・ホテルにて記す
 
 
 
 
 
 







[ 1 - 5 件 / 762 件中 ] 次の5件 >>