三ヶ島製材鰍フ進行中の現場のご紹介と家づくりに関する色々な情報をご提供するブログです。 木づくりの温かさと使い込むことによって味の出る良さをお伝えできればと思います。
 
2018/10/03 18:18:46|イベントのお知らせ
住宅リフォームセミナーが開催されます。
こんにちは! 先日の台風24号の風はすごかったですね。台風
皆様のお住まいでは被害などありませんでしたでしょうか?涙

本日は、一般消費者の方向けに開催されます住宅リフォームセミナーのご案内です。ピカピカ

 
住宅リフォームセミナー
『リフォームで何ができる? “快適・健康なくらし!”』

 日時平成30年11月10日(
 会場あけぼのビル 5階  501会議室
    
所在地:さいたま市浦和区岸町7-5-19(駐車場はありません)
 講義内容1.リフォームの進め方とポイント
      2.リフォームで実現! 住まいと暮らしの充実
      3.リフォーム減税制度・補助制度などについて

 参加費無料
 申込み方法:@インターネットから
        下記住宅リフォーム推進協議会のHPから「申込」
        をクリックし必要事項をご記入の上お申込み下さい。

           住宅リフォーム推進協議会ホームページ
       AFAXから
        下記案内書をプリントアウトし、必要事項をご記入の
        上、FAX 048-830-0034 までお送り下さい。
        → 平成30年度住宅リフォームセミナー案内書


 ※リフォームで、より快適な暮らしを実現しませんか。
  当セミナーでは、快適で健康に暮らすためのリフォームのアイディ
  アやコツ、リフォームの流れや工事トラブル防止のヒント、お得な
  減税制度など、実際にリフォームする際に役立つポイントを分かり
  やすくご説明します。

 お問い合せ先:埼玉県住まいづくり協議会 TEL 048-830-0033
 ●主催:埼玉県住まいづくり協議会
     一般社団法人住宅リォーム推進協議会
 ●後援:埼玉県
     公益財団法人住宅リフォーム・紛争処理支援センター


リフォームをお考えの方はもちろん、すぐにはリフォームをしないよ〜という方も、住まいづくりに良い情報やヒントをゲットして下さいね!ニコニコ


それでは、本日もお読みいただきありがとうございました!



三ヶ島製材のホームページ

 







2018/08/24 18:33:00|製材工場より
地元、入間市の桧を製材します。

           

こんにちは! 本日は、製材の工場よりお届けします。ニコニコ

弊社の地元である入間市に
「NPO法人 加治丘陵山林管理グループ」という非営利活動法人があるのをご存知でしょうか?

こちらは、みどりの里山「加治丘陵」の豊かな自然・貴重な小動物や樹木・植物を保全管理して、人と自然の「ふれあいの場」として共有し、次世代に引き継ぐことを目的として活動しています。

現在全会員数は200を超え、弊社も賛助会員として登録しています。
今年の春には南北コースを結ぶ「自然探勝路」が完成し、多くの新聞にも掲載、紹介されました。

今回、「伐採した桧を引き取って欲しい」とのお話を頂き、10本強の桧の丸太を引き取ってきました。ワイワイ
場所は桜山展望台の麓、霞川沿いの根通りから少し入った市の所有林です。が、ここは重機が入らないため、人力で下ろし、積み込みます。
結構、ハードでした。。寝ぼけ
   

会社へ戻ってきて、早速皮むきをし、製材です。
これらは柱になります。地元の材、
地桧です。

   

色艶が良く、香りも強いです。これは土壌と気候の関係だそうです。

半年以上自然乾燥をして、県産材の家づくりに使用します。家
西川材以上に近い、入間市産の桧。グッド
地元にも貢献できて、素晴らしい材料を使うことができるなんて、最高ですね〜音符

以上、製材工場よりご報告でした〜。


それでは、本日もお読みいただきありがとうございました!



三ヶ島製材のホームページ

 







飲食店舗の外構メンテナンス 〜ピッツェリア武蔵野山居〜
      
          

こんにちは! とても暑い日が続いてますね〜。
熱中症には、くれぐれもお気を付けください!
本日は、飲食店の外構部分をメンテナンスしましたので、そのお話を。

所沢市若狭にあります
ピッツェリア武蔵野山居さんは8年ほど前に弊社で施工させていただきました。
今回は建物の外側南面にある、主に
雨水を流すU字溝ふたの製作・交換をさせていただきました。

          

こちらは雑木林の中に佇むレストランですので、U字溝のふたといっても一般的なスチール製のグレーチングではなく、木製で景色を邪魔しないものにしています。ピカピカ

今回、後々のメンテナンスの事も考え、天板にアイアンウッド、桟にヒノキを使用しました。

      

アイアンウッドというのは英語名で、ウリンというインドネシア原産のクスノキ科の常緑広葉樹です。アイアンウッドと言われるだけあって、非常に硬く、重いのが特徴です。またポリフェノールを含んでいるため腐りにくく、耐久性・耐水性に優れています。塗装は基本的に不要で、今回はワックスのみの仕上げにして表面をしっとりと整えています。
ヒノキも腐朽に強く、さらに防腐塗料を塗布してあります。グッド

現地で寸法を測り、板の割り付けをして作業場で組み上げ、設置しました。ぴったりと収まっています びっくり
   

落ち着いた木の風合いが良い雰囲気ですね〜。ラブ
夏の間は暑いですが、涼しくなってきたらテラス席でお食事も良さそうです。レストラン
これからしばらくは(10年以上?)、このふたは頑張ってくれそうです。拍手


それでは本日もお読みいただき、ありがとうございました!



三ヶ島製材のホームページ


 







2018/06/14 15:56:13|住まいの情報
梅雨時のジメジメ対策

こんにちは! 梅雨真っ盛りですね〜 雨
本日は、
住まいの湿気対策についてお話しします。

毎年この季節はジメジメですが、気持ちが悪いのはもちろん、湿度が高すぎると次のような
リスクがあるんです。
・発汗による体温調節効果が下がり、熱中症になりやすくなったり、体内に熱がこもって体力の消耗がはげしくなる
・消化酵素の働きが悪くなり、食欲不振に陥ることがある
・カビやダニが発生、繁殖しやすくなり、アレルギー疾患や感染症を引き起こす

いやぁ〜、怖いですね ムンク
そこで、ご家庭でできる湿気対策ですびっくり パー

・まずは、換気が大事
 天気の良い日はもちろん、多少の雨が降っているくらいの日であれば、こまめに窓を開けて換気をして下さい。宅内では水廻りなどから湿気が放出されているため、閉めっぱなしにしていると雨の日でも屋外より屋内のほうが湿度が高くなってしまうんです。
・サーキュレーターや扇風機で空気を対流させ、湿気をこもらせない
・雨の日でも部屋に洗濯物を干さない

 浴室や洗面室に干し、換気扇を回す
・タンスやベッドは壁から数センチ離し、通気をよくする
・布団は布団乾燥機を活用、ダニも駆除できる
・晴れた日や夜間は収納の戸を開けておき、通気をする
 また、押入にはすのこを敷いておくと湿気が排出されやすい
・浴室を最後に使った人は熱めのお湯で石鹸カスをきちんと流し、冷水を掛けて浴室内の温度を下げ、水分を拭き取って、最後に窓を開け換気する
・洗濯機は使用時以外は洗濯物を入れておかない、普段は出来るだけフタを開けておく、時々お湯を入れ洗濯機用クリーナーでカビを落とす


そして、ご家庭で手軽にできて
効果大の除湿グッズをお教えします!

重曹…小皿などに重曹を入れ、湿気の多い場所に置いておく
   消臭効果もあるため、下駄箱など通気しにくい場所に入れておくのも◎

炭・コーヒーかす…表面に微細な穴があり、湿気や臭いを吸収しやすい
ペットボトル…水を7分目まで入れ、冷凍庫で凍らせて皿などにのせ室内に置く

いかがでしたでしょうか?ニコニコ
ポイントは、『換気』『除湿』『清掃』の3つです!
ご家族の健康のためにカビ・ダニを寄せつけない対策を心掛けましょう音符


それでは、本日もお読みいただきありがとうございました!



三ヶ島製材のホームページ

 







2018/05/24 14:43:00|住まいの情報
丸太の皮剥き

こんにちは!
本日は製材の工場よりお伝えします。ニコニコ

当工場では通常、丸太の皮剥きは専用の自動皮剥き機で行っていますが、手で皮剥きをする事もあります。
どちらの方法で皮を剥くかは、その丸太から取る材の種類や用途で分かれます。

柱や土台、平角といった
構造材などは自動皮剥き機で、建具材や造作材など、仕上げに使う材の場合は手で皮剥きを行う事が多いです。
木の中心に近い部分を主に使用する構造材では、機械での皮剥きで木の外側が多少傷付いたり粗くなっても大丈夫ですが、外側(白太)をメインに使う建具材や造作材では、なるべく傷を付けないで皮を剥く事が大事なんです。ピカピカ

また、この時期の木は水を多く吸い上げ始めているのであまり伐採に適していないのと同時に、皮を剥かずに置いてしまうと虫が皮と幹の間から木の内部に入ってしまい、使えなくなってしまうこともあります。泣き

製材工の手で、昔ながらの道具を使って皮を剥かれた丸太は、綺麗な材へと挽かれます。
一見同じように見える丸太も1本1本すべて違っていて、その丸太に一番適した
木取り(その丸太からどういった材をどのように取るかということ)がされます。グッド

これはやはり、昔からの知恵や経験がなせる技だと思います。ラブ
こういった事で木もより良く活用されていくんですね〜。


それでは、本日もお読みいただきありがとうございました!



三ヶ島製材のホームページ







[ 1 - 5 件 / 218 件中 ] 次の5件 >>