東京はじめ関東だけではなく私が体験した各地の誰でも 気軽に行けるような旨い店や変わった料理、食材、街で 見つけた気になる物や旅の思い出などを紹介していきます。
 
2017/06/25 14:17:00|揚げ物
たかがトンカツされどトンカツ
とんかつの名店が埼玉にあった!

かつ勇 上尾

どちらかというと魚介類系のほうが好きなので以前はとんかつ屋さんにはあまり行かなかった。
でも無性に食べたくなる食べ物の一つにとんかつがある。
家の近くにはちょっと有名な四元豚の分厚いとんかつ(しかも2枚)を食べさせてくれる店があるが全体のバランスから言うともう一歩。

その店は上尾にあった。

ロースかつ定食を注文。




充分食べごたえのある分厚いとんかつだ。

一口 ” ガブッ ” とたべた。
うまい!
大変うまい!
適度に柔らかく肉を食べている実感がある位のちょうどいい感じ。
肉の旨味も充分感じられる。
油の切れ具合もちょうどいい位にカラッと揚がっている。
食べごたえがあり美味しいので満足感が半端でない。
しかもこれで1200円!

こちらはBランチ




このセットがまた旨い!
大きめな海老とホタテ、白身魚が2つ付きます。
ホタテも白身魚も厳選した食材を使用している事が口に入れた瞬間に分かる。
私の好みは白身魚。 肉厚で絶品です。
これで1000円。
海老はこの他に有頭海老や特大海老などもメニューにあり海老好きにはたまらない。

ヒレカツです。


ボリューム満点!

どのメニューを頼んでもボリュームがありおなか一杯になること請け合い。
(食べきれない時は持ち帰りもできる)
ヘルシーメニューとしては焼きかつもあります。

こういう投資対効果の高い店があると嬉しくなる。
素晴らしい店です。
かつ勇の情報はこちら







2017/05/27 16:48:00|洋食
最高峰バーガー!
米沢牛100% 飛行船 米沢

毎年恒例の東北の連中との旅行の翌日曜日、以前から一度食べてみたいと思っていた米沢牛100%のハンバーガーを食べるために米沢市まで足を延ばしてきた。

有名人も多く訪れていて大変人気のある洋食の店です。


開店わずかで、もう待ちができていた。
ハンバーガー目当てで来ている客も結構多そうだ。

店内は喫煙席と禁煙席がレジを挟んで分かれており、こういう気配りがうれしい。

禁煙席にのみブランコの席が2カ所あります。


席が空いてなかったので男二人なのに、この席に案内されてしまった。
揺れるのでちょっと食べにくい。
カップルや親子連れで来るには最高の席かも。

私はお目当ての米沢牛100%のハンバーガーを注文。




この王者の風格!
さすが東北の名牛!
一口がぶりっと食らいつく。
柔らかい!さすがブランド牛!美味い!
口の中に入れるとすぐに溶けてしまうような柔らかさだ。
ん? でも待てよ? あまりに柔らかすぎて何か物足りない。
ハンバーガーは少し歯ごたえがあったほうが旨いかもしれない。
というのが私の正直な感想。
だから都内や有名なハンバーガーショップが扱っているパテはほとんどが外国の牛肉。
米沢牛を食べるならステーキやすき焼き、もしくはハンバーグステーキがあっていると思う。

毎回私の為に2日間車で付き合ってくれる連れの男は米沢牛100%ハンバーグステーキを注文。


めちゃくちゃ美味いと言いながら食べていた。

隠れた名物、味のしみ込んだ鶏のから揚げも注文。
洋食店なのにこの唐揚げが大変旨い!


名物オムライスも大変人気で店一押しのメニューだそうです。

でも今回この米沢まで来てよかったと思う。
いつまでも続けて欲しい、これぞ日本の洋食レストランという店でした。

店の情報です。飛行船







2017/05/06 18:45:05|洋食
浅草の老舗洋食店
モンブラン 浅草

”日本に来て15年以上経つのに浅草にまだ行ったことがないので連れて行ってほしい” とラッキーに言われゴールデンウィークに浅草周辺を案内してきた。

浅草は外国人旅行者でごった返していた。
昼近くになると混む事は間違いないので早めにお昼にしようとモンブランというハンバーグで名の知れた洋食店に入った。

私としては浅草に来たのだから天ぷらでも食べたいと思っていたがラッキーに聞くとステーキが食べたいというのでこの店に決定。
11時だというのに店の前は大勢の客が待っていた。
ただ、店内が広いのですぐに入ることができた。
店内を見渡すと所狭しと有名人の色紙が飾られている。
200人は優に超えている。

三品注文して、二人でシェア。

1品目は店一押しのハンバーグ(フランス風)


昭和初期から続く日本人になじみの深い洋食店のハンバーグだ。
こういうハンバーグは旨い!

そして250gのステーキ(国産牛)。


やはり国産牛はうまい。
柔らか〜

3品目はビーフカレー


トロトロに煮込まれた牛肉のかたまりがゴロゴロ入っていて大変美味かった。

雷門の向かいにある「浅草文化観光センター」の4階からは仲見世通りの参道が見渡すことができるし目を転じると東京スカイツリーが間近に見える。
(浅草は何度も行っているが浅草文化観光センターは今まで立ち寄ったことはなかった。以前からあったんだろうか?)


少し歩くが飴細工のアメシン本店に行ったが、以前とは違って体験教室専門の空間になっていた。
(東京スカイツリーに出店したためという事)
店内に飾ってあった精巧な飴細工を見てラッキーは非常に驚いたようで、すごい!を連発していた。
(アメシンの飴細工は千駄木の吉原のものに比べ、より精巧に作られていると思う)

その日は気持ちの良い日だったのでスカイツリーまで歩いて行き、帰りに味吟で助六寿しを買ってきた。
(ここのいなり寿司とかんぴょう巻きはそれほど甘くなくて旨かった・・・都内のこの手の店のお稲荷さんはほとんどと言っていい位非常に甘い)


モンブランはこちら







2017/05/03 10:46:35|うなぎ
美味!うなぎ
うなぎ竹屋(予約制) 裾野市

旧友3人で伊豆の温泉に行く途中、寄り道して好物のうなぎを食べてきた。
ここの店主は三島の有名な鰻屋の老舗桜屋で長年修業した方が新たに開店した店。
三島や沼津界隈は鰻屋さんが多く名店もある。



完全予約制で昼のメニューは3種類で量の違いです。
うな重(1匹)・上うな重(1.5匹)・特上うな重(2匹)

店内は清潔さがあふれていて大変気持ちが良い空間です。



注文した上うな重です。


大変柔らかく仕上がっていてタレも甘すぎずちょうど良い加減。
鰻を食べるときは何とも言えない幸せな気分になる。
これはほぼ万人に言えるのではないか?
長く続いていた旅番組に出ていたフランス人のジェシーとドミニクというミュージシャンはうなぎを食べるために「マイ箸」を作ったくらい。外国人も日本の食べ物の中では大好物のようだ。
友人のラッキー(ナイジェリア人)も大の好物である。

ここのうなぎは小骨をピンセットで丁寧に抜き取られておりお年寄りや小さな子供でも安心して食べることができる。


こちらはうな重
これでも量的には十分です。


この後、御殿場へ向かい私の大好きな御殿場高原ハムを購入。
相変わらず旨い!
高級なロースハムがかすんで見える程だ。

うなぎ竹屋の情報です。







2017/03/25 17:00:38|パン
ポテトチップスにもキャビアが!
キャビアハウス&プルニエ 銀座
《サンドウィッチハウス》


世界の名だたる空港に高級食材を使った料理を提供するキャビアハウス&プルニエが初めてサンドウィッチの専門店を銀座に出店した。
銀座東急プラザの地下2階にある。
おしゃれな雰囲気のバータイプの作りになっていてワインやジュースを飲みながらこだわりのサンドウィッチを食べることができる。






880円から6000円のキャビアのサンドウィッチまである。(税別)
全ての食材にこだわっていて殆どがブランド化された食材を使っている。



一番手頃な(とは言え、ブランド商品の)サーモンとチーズをブレンドしたサンドウィッチを注文。
実はこのサーモン。
伝統的にロシア皇帝に献上されてきたスモークサーモンとの事。
ノルウエーで獲れたサーモンをチューリッヒ郊外の特別な場所で伝統的な製法でスモークされているバリックサーモンという代物。



サーモンとチーズが混ぜ合わさって口の中でハーモニーとなっていく。
高級感あふれるおいしさを味わった。
たまにはこういう物を食すのもいい。

帰りにポテトチップスを買って帰った。
なんと、キャビアポテトチップスとトリュフポテトチップス。
細かく粉末状にしたものをまぶしてある。


こちらがキャビアポテトチップス。


こちらはトリュフポテトチップス。



キャビアよりもトリュフのほうが、より強烈に香りが伝わってくる。
価格もそれほど高くないのでこれだけ買って食べるのもいいかもしれない。
ポテトチップスもカリッとしてすごくおいしい。
ビールやワインのつまみに合う。
(キャビア…400円、トリュフ…330円 税別)

同じフロアーには食べ物も含めておしゃれな店が数軒あるし上階にもいろんな店があるので一度出かけてみると楽しい。
ちゃんと食べたいなら、美味しいカリフォルニアロール寿司と松花堂ミニ会席が食べられる「シャリ」を勧める。
値段も高くないし見た目も味もいいので私の一押しです。

お店はコチラ







[ 1 - 5 件 / 66 件中 ] 次の5件 >>