ぼくらのまいにち
 
2020/10/24 15:34:29|その他
出産と車のあれこれ


ご無沙汰しております。
 
おかげさまでわが家のおたまちゃんも無事6か月を迎えました。
ちょっと小柄ながらもすくすくと成長しております。多分。
先日BCGの接種に行き、ほぼ同じくらいの月例のお子さんたちを見ましたが
正直わが子が無事育ってるかどうかわかんないですよね…
個人差も大きいと思うし…
 
とりあえず元気で機嫌が良ければヨシ!
と思ってます汗
 
私自身は元気…うん…元気…かな?うん…
腱鞘炎がヒドイですね…あと右肩が後ろに回らなくなっちゃって
抱っこ紐の後ろのバックルがとめられなくて大ピンチですね…
(…え?し…しじゅうかた…?え、ちょっとわかんないですね…) 
 
腱鞘炎は、なんとか直さないと仕事復帰できないのでこれも大ピンチ
仕事復帰といえば、保育園の申し込みが間もなくですが
保育園に受かっても送迎のために車を運転しないといけなくて
今教習所に通っていますが、まあ御察しの通りこちらも大ピンチですね…
 
わが家の車がMT車なのでMTで教習うけてるのですが
いろんなことを一度に処理するのが苦手な脳みそなので。
 
わが家の車といえば以前はホンダのCR-Zでしたが
ファミリー向けの車ではないため
チャイルドシートをつけると助手席は使用不可能だったり
さらに後部座席はオマケ程度の狭〜い空間でとっても窮屈だったり
しかも2ドア車なので乗降りがめちゃくちゃ大変だったり。
というわけでスズキの軽自動車に買い換えましたが
いや〜ビックリするほど後部座席がひろびろ!快適!ピカピカ
チャイルドシートつけてても助手席にも座れるし!
 
CR-Zも、2人の時はとても快適ないい車でしたが
3人以上の家族には向かない。
家族が増えたことによって生活様式が変わっていくのを実感しました。
 
てんとうむし
 
そういえば出産の時、あれは忘れもしない出産予定日前日でしたが
早朝に破水したんですよね。
ほんとにジワッという程度で確信はなかったんですけど
普通に寝てるときにジワってしたので、尿漏れじゃないなあ、と思って
迷ったけど不安だったので病院に電話して、
てんぷらが出勤の日だったのですがまだ寝ていたので起きてもらって
病院へ連れて行ってもらうことになったんですね。
 
で、事前に調べていた通り、病院からも
「後部座席に横になって来てください」という指示が出ました。
破水していた場合、普通に座っていると
どんどん羊水が出ちゃう可能性があるので。
 
それまでCR-Zの後部座席に寝ころんだことなんかなかったのですが
いちおうバスタオルを敷きまして、寝ころんでみました。
いざ出発………!
 
いやー!無理無理無理無理!
 
数分も走らないうちに停めてもらいました。
後部座席、
フラットシートじゃなくて、中央部分が盛り上がってたんです。
普通に座る分にはホールド感があって良いのかもしれないですが
とても寝ころんでられない(しかも間もなく生まれそうな妊婦)
最初に気づけよ、って話ですが
いろいろ大変な場面なのでね…ムンク
結局、助手席に座ってシートを限界まで倒した状態で行きました。

いやー、そんなことも今ではいい思い出車

で、結局やっぱり破水していたのでそのまま入院ということに。
ちょうどコロナでいろいろ制限がかかり始めた頃でした。
その話はまたの機会に花
 
 
 
 
 
 







2020/06/29 21:08:16|その他
出産報告♪

ご無沙汰しております!

 ご報告です。
ワタクシ、4月に無事出産いたしまして

一児の母となりました〜!ピカピカ

エーウッソシンジラレナーイ!
とこの世で一番思っているのはこのワタシです。
まさかこの歳になって人類を育てることになるなんて
全く自信がないのですががんばってます汗

ちなみに、約2500gの小さめ女の子ですムフフ
 
予想もしなかったこの歳になっての妊娠、
超ではないもののかなりの高齢出産、
(超とつくのは50代になってかららしいです)
複数ある子宮筋腫、
おまけに新型コロナ
など、不安要素満載な中での出産。
てんぷらをはじめ、親・姉弟や友人、職場の方々、
病院の方々、ご近所さん、SNSで繋がっている方など
たくさんの人々に支えられて生きているんだなぁ
ということを改めて強く感じました。
皆様のご協力や温かい励ましのおかげで
無事出産することができました。
ありがとうございました!!ピカピカ

そしてこれからもよろしくお願いいたします自信まんまん
 
妊娠中は、最初のうちこそ
切迫流産の危険性を考えて安静にと言われたものの、
その後は驚くほど順調で、
出産予定日から1日遅れでの出産となりました。
職場の皆さんのご協力のおかげで
早めに休職することができたのが大きかったと思います。
 
あ、あと、妊娠がわかってからバイク通勤をやめて
公共交通機関での通勤にしたのですが、
ものすごく助かったのが入間市の「てぃーワゴン」
バイクだと15分の道のりが、公共交通機関を使うと
バス・電車を乗り継いで1時間くらいかかっちゃうんです。
それがてぃーワゴンを使えば30分。
乗り場も家と職場両方の近くにあったので
ちょうどよかったですね〜。ほんとに助かりました。

順調だったとはいえ、最終的には緊急帝王切開となってしまい
その辺の話は自分の記録として今後ブログに
書いておきたいなあとは思っています。

(いつになるかわかりませんけど〜)

妊娠中から出産、現在に至るまでの経過については
てんぷらがブログにちょこちょこ書いてますので
よろしかったらそちらもぜひ^^↓
てんぷらのブログ「あいむ あらいぶ!」 

ひとつだけ残念だったこと。
亡くなった母に、もうひとり孫ができたんだよ〜!と
教えてあげたかったです。
きっと一番喜んでくれたと思います。花
 







2020/02/07 16:47:39|その他
同級生からのうれしい便り
先日うれしいお手紙が届きました!
小・中学校時代の同級生だったお友達で
「雨玉舎」の屋号で木版画作家をしている方です。
 
共通の友人から私の妊娠の話を聞き、
お祝いのお手紙をくれたのです…!すてきなカレンダーとともに…!!
 
返信不要ですよ〜と言ってくれたのですが
ブログを見てくれているとのことなので
この場で御礼申しあげます!!
ありがとう〜〜!!(*>ω<*)ノ
(勝手に紹介してよかったかしらん?
 
 
 
雨玉舎さん、なんと
カエルモチーフの作品をたくさん作ってるんです
 
↓こちらは以前購入させていただいた作品。
 
 
現在は岡山で生活・活動されているので
なかなか会うことはできないんだけれども
こうして想ってくれているなんて
なんてうれしいことでしょう…(*;ω;*)
 
無事生まれたら、また改めてご報告しますねーっ!!
 
あっ、そうそう、以前いただいた「チンアナゴ」ちゃん、
カエルに混ざって飾ってますよ〜!!







2020/01/08 13:43:49|その他
2019年をふりカエル
 
          
 
こんにちは〜!
毎年恒例、ふりカエルブログですよ〜。
毎年これしか書かないじゃん…とか言ってはいけません…
昨年は2回更新しました…
 
というかむしろ今年はもうブログ書いたりできないんじゃないかな
と思ったりしています…
 
さて2019年
 
<1月>・お正月に、八王子のカエルグッズのお店「雑貨屋kerori」さんへ
         ・ユニクロのUTme!でオリジナルTシャツとパーカーを作成
<2月>・川越のウォーキングショップ「ナチュリーラ」さん訪問。
     ナチュリーラさんにはお手製の「かえる神社」が設置されています。
    ・葛西臨海水族園で開催「身近な水辺保全講演会第1回(東京のカエルに    
     ついてかんガエル)」参加。
<3月>・井の頭自然文化園で開催「身近な水辺保全講演会第2回(イモリを調べ
     る・イモリを守る)」参加。
<4月>・入間川のヒキガエルのオタマ観察。
<5月>・入間川のヒキガエル上陸。
    ・東向島のカエルグッズとカフェのお店「かえるのトンネル」再訪。
      超素敵な信楽焼のヒキガエルをお迎え。
    ・戸田市のカエルスポット2か所訪問。
<6月>・浅草かえるアート展。ぱんつはポストカード展で参加。
                 浅草仲見世の小池商店さんにも再訪。
    ・上野の下谷神社再訪。交通安全カエル守りが新しくなっていた。
    ・池袋サンシャイン水族館「ケロレンジャー」見に行く。
    ・いわき市の「カエルかえるカフェ」訪問。
    ・松本かえるまつり。
       会場内で開催された「カエ〜ル大学第1回講座」参加。
<7月>・狭山ヶ丘のマルシェドピクルスのお店「加藤人形店」さん訪問。
    ・瑞穂町のカエルオブジェのある欄干を見に行く。
    ・河鍋暁斎記念美術館「かえる展」。
      2月に作ったオリジナルパーカーなどを出展。   
    ・「カエ〜ル大学第2回講座」参加。       
<8月>・カエルを釣るためだけに「ドラクエX」に一時的に復帰。
    ・日の出町のカエルオブジェを見に行く。
<9月>・まさかの奇跡が発覚。
<10月>・伊豆旅行。
      @「あわしまマリンパーク」
      A「kawazoo」
      B「アンダリゾート」
    ・かえる秋祭り。
     
<11月>・炎天寺「一茶まつり」。雨のため奉納蛙相撲は開催されなかったもの   
     の、写真撮影させていただく。
     ・「カエ〜ル大学第4回講座」参加。
 
ざっと振りカエルとこんな感じです。
いろんなイベントにも参加できて、
たくさんの方々とお会いできたのもうれしかったです。
もちろん、この他にもあっちでカエルグッズ、こっちでカエルグッズを
ゲットしていたわけですが
 
今年はそういうわけにもいかなくなりますね
 
あ、2020年もカエルのスケジュール帳を作りました。
実は今年はミンネで販売中です。↓ 残りわずかですが
 
 







2019/12/25 10:36:10|その他
BBAでもがんばるしかないのである。
 
<前回のつづき>
 
まず最初に思ったは「えぇぇぇぇぇ!!??」
でしたね…
 
「ちょっと意味わからないですね…」というか
「なんて鮮明な夢なんだろう…?」というか…
 
20代半ばで結婚して、3年くらいたっても子供はできず、
30になる頃には自分なりの妊活をしていました。
基礎体温を測り、カレンダーにしるしをつけ、葉酸を飲み…
 
それからさらに3年、不妊症の検査を受けて治療をすべきかどうか。
私自身はその時点では不妊治療した方が…と病院を調べたりしていたのですが
夫婦で話した中で、てんぷらは「検査は受けない」とキッパリ。
あまりにもキッパリした言い方だったので、その瞬間に私も
「あ、もういいや」
とあっさり思えたのでした。
 
そもそも、子供が欲しくて結婚したわけじゃないし。
てんぷらと一緒にいたいから結婚したわけで。
ここでひとりで意地を張っても、不妊治療は夫婦で受けなきゃ意味がない。
これで夫婦不仲になったら元も子もない。
 
「こどもは授かりものだから、自然にいつか授かるかもしれないし
授からないならそれでもいいよね」
それが私たち夫婦のスタンスになりました。
 
とは言ってもね。
 
やっぱり、自分の中で「あきらめる」っていうのが必要だったんですよね。
正直、結婚して6年近くたってて、今更自然妊娠は期待できなかった。
私にとって不妊治療しないのは「こどもをあきらめる」ことだった。
それまで毎月「その日」が来るたびに、こっそり泣いてた。
カレンダーにしるしをつけるのが本当につらかった。
だから、気持ちの区切りをつけるために
「あきらめた」という意思を持ちたかった。
 
それで、泣きながら体温計と葉酸の錠剤を捨てた。
カレンダーを見るのもやめた。
その時の気持ちを思い出すと、今でもちょっと涙が
 
今考えると、当時の私、そんなに子供が欲しかったのか…
自分でもなんだか意外…
 
でもそのあとの立ち直りが早かった。
 
体温計と葉酸を捨てた翌日、てんぷらに「ペットを飼いたい」と宣言。
そしてすぐに、ヒョウモントカゲモドキの「富士山」をお迎えしました。
 
 
その後の生活は、当ブログを見ていただいていた方ならご存じの通り。
あれよあれよという間にヤモリ、カエルが増える増える。
中でも異常なほどのカエルへののめり込み様。
私はカエルの人としてのシアワセな人生を手に入れたのです。
 
正直、最近では、周りで子育てしている人を見ては
えらいなあ、すごいなあ、私には絶対無理だったなあ…と思ってました…
後に残すものが何もない気楽さもありました。
 
ところがどっこい、この歳になってのまさかの自然妊娠。
自分の中では1%の奇跡(100%の想定外)
まさか、この人生で、もうそろそろ終活かって頃になって
こんな経験をさせてもらえるなんて。
 
大変なことはわかっているつもりだし、これから
思っているよりもきっともっとずっとすんごく大変なんだろうけれど
今の気持ちは、ただもうとにかく無事に生みたい。
こどもを授かれたことに感謝しかない。
 
高齢出産でまずリスクのこととか不安な話ばっかり耳に入るけど
ひとつ良かったことは、自分自身の人生にもう悔いがないこと。
やりたいことやってきたし。たくさん楽しんだ。
そういう点では少し気持ちに余裕はあるかも。
 
足りないのは若さと体力とお金だ。
 







[ 1 - 5 件 / 513 件中 ] 次の5件 >>