FMチャッピー DJ日誌

パーソナリティが番組裏話やプライベートを大公開!?
http://www.fmchappy.jp/
 
2019/03/10 14:17:22|チャッピーサンデー
チャッピーサンデートーク☆

 3月10日の「チャッピーサンデートーク」はポタガール埼玉の小林玲香さんにお越しいただきました。

 「さいたまサイクルエキスポ」は大変盛況だったそうでポタのみなさんがステージで配った新デザインのサコッシュはとても喜んで頂けたそうです。

 また、今回島根県益田市からライダーにおすすめの場所ということで出展が有ったそうですがこれは小林さんが国の関連人口に関する事業を通してお招きしたそうです。

 海山川、自然豊かで飛行機輪行ポタにおすすめだそう。

 皆さんも注目です。


 また来月は「第12回ときがわ町サイクルフェスタ」が有ります。

 山道の勾配が気になりますが初級コースや「坂ポタ」という比較的ゆるいコースも有りますのでぜひチャレンジを!

 花粉症の人は秋にも有るのでおすすめですよ。

 詳しくは公式ウェブをチェック!


 写真は小林さんと新作サコッシュです☆



 word by Rie.T☆







2019/03/03 14:30:03|チャッピーサンデー
チャッピーサンデートーク☆


 3月3日女の子の節句ということで今日は女子まつりでお送りしました☆

 13時からのゲストは歌手の神園さやかさん。

 埼玉の人とよく言われるそうですが出身は広島。

 カープの試合で国歌斉唱も行ったカープ女子です。

 埼玉県民には「イーグルバス」のCMでお馴染みなんですね〜。

 イメージキャラクターを務め、年2回ファンの方とバスツアーも行っているそうです。

 次回は今月なのでもう間に合いませんが次の秋にはいかがですか?

 体験、観光、食、ライブ!盛りだくさんですよ。


 今回リクエストを頂いた「ポラリス」はミニアルバムで、ジュレップスのメグちゃんとのコラボ曲も入ってます。

 注目してくださいね。

 6月にはワンマンライブもあります。

 チケット発売中ですので「神園さやか」でオフィシャルページをチェックしてくださいね☆





 そして13時半からのゲストは「YOTSUBA」さん。

 入間万燈まつりのステージにも出演したことのあるシンガーソングライターです。

 なんと小学3年生!

 お父さんのギターに合わせて何気なく浮かんで歌ったものを曲にして現在アルバム4枚目。5枚目を制作中です。


 8歳らしい感性の歌詞は大人にもグッとくる元気をもらえるような歌が沢山!

 これから大注目の「YOTSUBA」さんです。


 演奏はお父さんをはじめお母さんなど参加し、家族バンドといった構成です。

 3月31日は川口桜まつりで野外ステージの予定が入ってます。

 桜を見ながらいかがですか?





 word by Rie.T☆







☆久々の登場!!!子育てママのお話工房・星のたまごさん☆
本日のゲスト!子育てママのお話工房・星のたまごさん!
作家の蓬澤里美さんと朗読の松田えみりさん。

数年前…このサテライトスタジオからオリジナル作品の紙芝居を朗読してくださっていました。

ふんわりした雰囲気のおふたりは、優しくてあたたかくて…
作家の里美さんの感性がやわらかいのですね。

星のたまごさん・生誕5周年のお祝いに

3月15日10:30から新所沢公民館のホールにて
朗読イベントが行われます!

写真とストーリーで展開される「結」〜この世界は善意でできている〜
パーカッショニスト石川雅康さんとのコラボ作品「僕の名前はジャン・ベンソン」はこの日お披露目だそうです。

ひとりひとりの心に届ける・・・
えみりさんの想いも心に残りました。







2019/03/01 14:28:21|スマイルあっとカフェ
今宵はジャズと...

 3月の選者は入間ジャズクラブの新倉由一さんです。

 テーマは「少なくとも1回はライブ、コンサートに行ったことのあるアーティスト」です。

 複数回行っているアーティストの方もいらっしゃるということです。

 また、もう亡くなった方もいますので羨ましい限りです。

 中でも2回めに放送予定のアーティストは新倉さんがお疲れのときに「元気」を貰ったナンバーです。

 年度末の忙しい時私達も元気をもらえるかも!

 要チェック☆





 word by Rie.T☆







2019/02/28 0:43:40|チャッピーアフター5
チャッピーアフター5 水曜日ゲスト

今日は、入間市のNPO法人「命と子育て応援隊FAD(ファッド)」の活動について、理事の横峰貴子さんにお話を伺いました。
FADは、傷病者がいる場所での適切な対応や、市民の救命手当の普及に取り組んでいらっしゃいます。
救命の資格等があるなしにかかわらず、そうした現場に居合わせた市民の皆さんの「誰も」が「誰か」を助ける活動に貢献できるまちづくりを目指しています。

毎月第3月曜日には、子育て支援センターあいくるで、乳幼児のお母さん向けに乳幼児救命の教室を開催しています。
「救命」というと、難しい?大変そう?というイメージですが、応急処置等の知識の提供のほかに、同じくらいのお子さんを持つママさんたちの情報交換の場にもなっているそうです。

また、「提供表示式・救急キット FA(エフエイ)」についてもご紹介いただきました(写真)。
こちらは、周知がすすんでいる「AED」と同様、店舗や施設、車両にキットがあることを表示することが認められているものです。

優しい心から生まれ、助け合う街づくりのための「提供」を第一の目的とした救急キットとのこと。
横峰さんは「傷病者有事の現場で、適切な対応を行うには、救命手当の知識と心構えが必要。でも誰もが持ち合わせているものではないので、救急セットがあると安心。個人や店舗、車両等に救急キットを常備すると、緊急時に誰もが助け合える」とおっしゃっていました。

ケガや倒れている人がいる時など、いざという時に何もできなくも、「救急キットを差し出す」というだけでもその場にいる人たちに心強さも提供できるのではないでしょうか。

*「提供表示式・救急キット FA」については、
「FA 優しい心」で検索するとヒットするそうです。






おおるい



 







[ 1 - 5 件 / 3379 件中 ] 次の5件 >>