ぐうたらAFVモデラーの○○な制作日記
 
2018/05/21 1:51:19|ASU-57
転戦!ASU-57

以前から持っていたキットに1/35車輛のくせに箱が初代タミヤ2号戦車より小さいというチビッ子3兄弟がありました。TOGAのT-70ソ連軽戦車、TOMのTKSタンケッテとTOGA(中身はAER)のASU-57空挺戦車です。
どれも気になってはいましたが、ここに来てむらむらとASU-57をカタチにしたくなりついに手を付けてしまいました。ホビーボスが新たにキット化していますが手持ちキットの成仏を優先します。

実車は大戦後初期の空挺戦車ということで軽量化のためすべてがペラペラに出来ています。防御力以前に耐久性まで切り捨てているのでしょう。キットの方は全くその辺が表現できていないので目立つところだけでも手を入れていくつもり。

最初に駆動輪を組んで履帯との合わせ具合を見ることにしました。下の写真の左が薄く削って肉抜き穴を大きくしたもので、右が加工前。加工した側はなんと軸穴がずれているため、穴を中心に広げて板を巻き、何とかすることにします。履帯もこのままではピッチが大きくて駆動輪に合わないため、詰める必要があるのですが、全部やるか、履帯を巻く部分だけで済ませるか… 履帯の加工がしやすいよう写真のように切り離しておきました。
写しませんでしたが転輪も厚みがありすぎて履帯のガイド幅に収まらないため、転輪の幅を削ることにします。

前途多難なようにも見えますが、その工作が楽しいのですね。というか楽しいように工作する方法を考えるのが好きなんでしょう。





     コメントする
タイトル*
コメント*
名前*
MailAddress:
URL:
削除キー:
コメントを削除する時に必要になります
※「*」は必須入力です。