ぐうたらAFVモデラーの○○な制作日記
 
2017/08/13 22:47:01|M103A1
砲塔前部の整形と履帯組み

この週末で以前切り出したままになっていたAFVクラブの履帯を連結しました。

AFVクラブの同様の履帯は昔タミヤのM60A3とM48A3で使いましたが、その時どういう手順で組んだかも忘れていましたが、おとなしく箱の説明にある通り、5コマずつつないですんなり組み上がりました。最初はなかなかピンに差し込めませんでしたが2,3ブロック作ると後はサクサク進みました。全部で2時間ほどだったでしょうか。

砲塔形状の方ですが、ここに来て大きな間違いが気になって、結構根本的なところなのでまた手を入れています(- -;)
屋根の脇のへりをS字状の曲線にしていましたが、ここは直線でなくてはいけないのです。まったく気付いていなかったわけではないのですが、それぞれの面がどうつながって出来上がっているのか自分の中でうまく消化できていなかったのです。ここまで組んで初めてどうつなげばよいか分かったという次第。
修正開始時の写真も載せましたが、この後、さらに板を貼り増しています。最終的には下の2枚の写真のようになりました。

ガラナさんへのコメントで『特に期限がない』とは書きましたが、いい加減完成させなくちゃな、という気はあります(^^;) 一応。





     コメントする
タイトル*
コメント*
名前*
MailAddress:
URL:
削除キー:
コメントを削除する時に必要になります
※「*」は必須入力です。