ボブ・ロス画法 シーザーの森

ボブ・ロス画法で風景を専門に描いています。 森の中の滝(愛犬の姿)を描いた作品名です。
 
2017/12/01 12:00:00|絵画の部
白い季節

 今年はまだ11月だというのに、せっかちな雪は
北国を白の世界にしてしまいました。
雪を降らせた雲は、納屋から離れて林の向こうへ
消え去ろうとしています。地面には積もった雪が
凍りついていて、根雪になりそうです。雪の白を
際立たせるのは青色です。雪の下塗りは、ブルー
が最適です。
紅葉が残る林と、夕日に佇む納屋をボブ・ロス画法
で描きました。F8号



 今年も年賀状作成の時期が訪れました。私は
毎年絵画と賀詞を自分で作成してハガキに取り
こみ、毛筆で宛名書きして投函することにして
います。この絵も年賀ハガキ用に作成したもの
です。年賀ハガキの絵を楽しみに待っていてく
れる人達がおりますので仕方ありません。
今年は、「払暁の剣ヶ峰と浅間山」にしました。
キャンバスはP10号です。




 2018(平成30)年が、すぐそこまで来ています。
この絵は、1月の絵画教室で描く見本絵です。
ボブ・ロス画法の基本が全てこの絵の中に表現され
ていると言っても過言ではありません。
更に、背景の雲と手前の山の峰との間に距離感が
感じられれば(奥行)一層味わい深い絵になるでしょ
う。「冬の風景」F8号




  新潟佐渡市では40%の世帯の水道が凍りついてしま
い断水しているとか、当然物資も不足している事でしょ
う。関東平野も大雪に見舞われ大混乱を来しました。
 我が家の庭には現在も雪の山が残っています。
「白い季節」は絵になりますが、実体験はこりごりです。
チタニウムホワイト(白い絵の具)も少なくなりましたので
白い季節は、平昌五輪 へ譲って終わりとします。
「冬景色」F8号

 






     コメントする
タイトル*
コメント*
名前*
MailAddress:
URL:
削除キー:
コメントを削除する時に必要になります
※「*」は必須入力です。