ボブ・ロス画法 シーザーの森

ボブ・ロス画法で風景を専門に描いています。 森の中の滝(愛犬の姿)を描いた作品名です。
 
2018/08/22 12:47:00|絵画の部
水温む候

「黄昏せまる家」F8号、絵画教室の見本絵です。
17年間続いたボブ・ロス画法絵画教室も、今月(3月)
をもって閉講となります。後継者がいないためです。
大勢の生徒さん達に支えられて、夢のようでした。
この絵は、そんな思いを込めて描きました。一軒家は
私が住む家のようです。「われ一人住むといへど、幾
月日過ぎ来しかた思い出の夢のかずかず限り知られ
ず。」 (永井荷風 偏奇館吟章より引用)
これからも描き続けます。黄昏せまる家の門を敲いて
下さい。

今年も又、桜の季節が訪れようとしています。
「関所破りの桜」という題名です。F50号
実物は長野県佐久市浅科の高台にある神社の境内に
聳えています。約300年前、新田開発に携わった
市川五郎兵衛という人物が碓氷峠を越えて、この地に
植えた。という伝説があります。4月10日前後が満開
の時期ですが、薄墨色に近い風格あるしだれ桜です。






名画を模写したものです。M20号です。
ドイツ生まれのアメリカ人アルバート・ビアスタット
(1830〜1902)は幻想的な風景画を得意と
して多くの作品を残しています。
この絵を浅岳会の作品展に出展したいと思っています。
ご高覧戴ければありがたいです。
題名は「秘境朱に染まる」としておきます。
ボブ・ロス画法で描く滝は、扇筆を使って上から下へ
向かって一気に描きますが、ビアスタットを模写した
ためにこのようになりました。




台風20号が近づいていますが、私にとって自然は友達
です。このWebで使っている「シーザーの森」は愛犬の
墳墓の地の名称です。
この画法で描いた絵は筆使いと色調が独特なのですぐ分
かります。ごまかしの利かない技法です。
この絵は2011年作「青森の清流」F8号です。





     コメントする
タイトル*
コメント*
名前*
MailAddress:
URL:
削除キー:
コメントを削除する時に必要になります
※「*」は必須入力です。