bata爺ザッパク

 
2017/04/22 16:59:26|その他
戦士は自己責任

兵頭正俊

現在の日本で、もっとも幸福な人種がいるのは永田町で
あろう。国会議員の多くは、北朝鮮の攻撃から国民を守
ることよりも、遊びに忙しいようだ。


われらの安倍晋三は、新宿御苑で夫婦で花見を楽しみ、


「風雪に 耐えて5年の 八重桜」

と詠んだ。安倍晋三に耐えているのは国民だと思うが。


「常に困難はあります。しかし、みんなで協力して頑張
っていけば、今日のこの日のように桜を見ることができ
るんだろうと思います」というが、ついにタダの桜を見
ることが、何かいいことのように首相がしゃべる時代に
なった。桜は政治の成果ではない。桜を見たところで、
別に暮らしが楽になるわけではない。


「子供たちには、家庭の事情にかかわらず、夢に向かっ
て羽ばたいてほしいと思います」というのも、出来もし
ないことを語っている。親の経済状態で多くの子供は、
世界一授業料の高い大学進学を諦める。かりに入ってし
まえばローンの返済に苦しめられる。羽ばたく翼をもぎ
取り、夢を奪った総理が、「夢に向かって」とは、何と
残酷な言葉だろう。


「お年寄りも若者も、女性も男性も、障害がある方も難
病に苦しんでいる方も、そして失敗に悩んできた人も、
みんなにチャンスがある」とは、どこの国のことだろう
か。少なくとも日本ではない。安倍晋三ほど言葉と現実
の乖離した人間はいない。

http://bit.ly/2oeCiAW


総理がこんな調子では、閣僚にも何の緊張感もない。


なんちゃって防衛相の稲田朋美がゴールデンウィークに
お約束の外遊をやる。戦争の危機に遭っても、防衛大臣
が国民に先んじて遊ぶ。


もしかすると北朝鮮のミサイルで日本の米軍基地や原発
が攻撃されるかもしれない。国民や自衛隊の死者がでる
かもしれない。そんなときに、なんちゃって防衛相は、
「東南アジアとの防衛協力を強化する」とかたいそうな
大義名分をたてて、5月上旬にベトナム、タイなどを訪
問する。


税金を使った、おそらく最後のVIP扱いの海外旅行だ
から、行かなきゃ損という思いなのだろう。ベトナムや
タイも、極東の状況に固唾を呑んでいるときに、日本の
防衛大臣が我関せず焉とやってきて、さぞかし驚くだろ
う。


あんまり悲しくて笑えてくる。おそらくこの国の戦死に
は、今後、「自己責任」の言葉が投げつけられるのだ。
国民に人権があることはおかしいそうだから、戦死が自
己責任になる可能性は高い。







2017/04/21 13:16:24|FB
二度とこんなもの撮らせるな!
末永 重司


安倍晋三が

「二度とこんなもの撮らせるな!」と

激怒した写真だって。

じゃ拡散しよ。







2017/04/17 8:53:45|その他
シリア攻撃のふたつの動機(抜粋)

兵頭正俊

米国の戦争は、一部が民営化されている。とくに情宣部
門だ。請け負った民間軍事会社が編集し捏造した写真・
動画を洗脳のために大量にばらまく。そのとき、最近は
子供の写真・動画がよく使われる。


倒れているのも子供であり、加害者を非難するのも子供
である。民間軍事会社にとっては、教えたとおりに喋っ
てくれる、もっとも安手の、しかし効果抜群のキャラク
ターなのだ。


今回もトランプは、国民向けのメーセージで、しきりに
子供を口にした。これが180度の政策変更の正当化に使
え、プロパガンダにも使えると思ったらしい。


米軍の攻撃で、子供4人を含む9人の民間人が死亡したほ
か、7名が負傷しているのだが、トランプはこれに対し
てどう説明するのだろうか。


同じ子供の死でも、政治的に利用できる死と、無視され
る死とがあるのだ。米国ディープステート支配下の世界
中のメディアが、この偽善を貫いている。


トランプは、すっかり米軍産に洗脳されてしまった。政
治経験がないので、これから起こることへの警戒心がな
いし、事前の対策も打てない。


米大統領選で、ワシントン政治のポリティカル・コレク
トネスを、もっとも鋭く批判したのはトランプだった。
それが、いまやビルやブッシュ、オバマ、ヒラリーなど
の戦争屋と同じワシントン政治に取り込まれつつある。


多くの反トランプ陣営、とりわけヒラリー陣営は喜んで
いるかもしれない。しかし、ことはそう単純ではない。


ホワイトハウスは、シビリアンコントロールが効かなく
なりつつある。それが世界最大の軍事国家での状況なの
で、非常に深刻である。


大統領になってから、トランプは国務省と情報機関とメ
ディアを敵に回した闘いをはじめた。ここから、かれの
悲劇が、米国の、そしておそらく世界の悲劇がはじまる。


トランプが政権を作るにあたって、絶対にこれだけはや
っておくべきことがあった。それは政権の多数派を同志
で固めることである。トランプは、どうやらそれすら知
らなかったらしい。


トランプは苦境を乗り越えるために、軍人を多く政権に
登用しはじめた。いまやトランプ政権は軍事政権と化し
ている。マティスやマクマスターはその代表である。バ
ノンを追い出すまでに力をつけてしまった。


中国の習近平訪米中に攻撃命令を出す。夕食中にその攻
撃を得意げに伝える。大国を迎えてのこんな非礼極まる
やり方は、米国の外交史にもなかったことだ。完全にト
ランプ政権が軍人主導に変質したことを物語る。


現在の北朝鮮と米国との対立激化も、背景にはトランプ
の人事政策があり、その失敗がある。


政権内の多数派は、いまやディープステート(国家の中
の国家)から送り込まれた政治家や軍人たちである。か
れらは、北朝鮮への先制攻撃をトランプにやらせたがっ
ている。


その結果としてトランプを大統領に押し上げた貧困層を
離反させ、ディープステートの息のかかった政治家を大
統領にすげ替える気だ。







2017/04/07 21:59:39|Twitter
化学兵器の使用は悪い

兵頭正俊‏ @hyodo_masatoshi

化学兵器の使用が悪いと、自明の真理のように語る。
しかし、原爆はいいのですか。
それを敗北必至の日本に実験として2発も使った米国が、
そしてベトナム戦争で枯れ葉剤を使った米国が、
まるで正義を背負って化学兵器使用を糾弾するのは、
おかしいのです。
こんな自明すら手放した世界のメディアです。








2017/03/26 20:41:36|その他
日本の北朝鮮化が底なしに進んでいる

兵頭正俊


もともと安倍晋三は、森友学園も加計学園のように国家
戦略特区制度を悪用してスマートにやりたかったのであ
る。すると補助金制度を使って土地代をタダにする手が
使える。それが使えないので、敷地内にゴミがあること
にして8億円値引きしたのだろう。


このことは政府御用達田崎スシ楼が、あの敷地はゴミの
撤去に10億円かかる、それで国は8億円値引きしても儲
けものだった、と説明したので、判断がつく。


政府御用達田崎スシ楼は、スシを食べるためには何でも
嘘をつく。政府の嘘を田崎スシ楼が代弁するのでわかり
やすい。


安倍夫婦や、なんちゃって防衛相の稲田朋美、霞ヶ関文
豪佐川宣寿などを見ていると、証拠の書類を廃棄処分し
ておく。そしてまず嘘から入る。野党がどこまで知って
いるのか試しているのだ。嘘がばれたらすぐに訂正する。
それの繰り返しである。


安倍晋三は、国家を私物化して甘い汁を吸うために、内
閣官房に「内閣人事局」を作り、局長に腹心の萩生田官
房副長官を充てた。こうして小選挙区制で自民党議員を
支配し、「内閣人事局」で官僚を支配する。


このシステムは、あまりにも総理に権力を持たせすぎる。
よほど哲学のある深い人物が総理にならない限り、独裁
体制ができる。


案の定、小物の安倍晋三は、国家の私物化にこの「内閣
人事局」を利用していったのである。安倍昭恵が官僚を
動かせたのも、「内閣人事局」があるからなのだ。


しかし、そううまくいくのか。霞ヶ関文豪佐川宣寿や、
その前任者の、逃げるは恥だが役に立つの迫田英典など
は高をくくっているようだ。


財務省のいい加減な文書保管については、政府の公文書
管理委員会メンバーである三宅弘弁護士が、「8億も下
げたら会計検査院の対象となるのだから、最低5年は保
存しないといけない。故意で破棄したら「公用文書毀棄
罪」に当たる。故意で破棄でなくても「公用文書管理
法」違反になる。国会で笑いながら審議してもらうよう
な話ではない。理財局長なんか首飛ぶ問題だと思う」と
警告している。
http://bit.ly/2ogfSz3


この腐敗した政権の中心にいるのは安倍晋三であり、か
れの世界観が次第に日本を染め上げてきた。一言でいう
と、「今だけ、金だけ、自分だけ」の世界観である。


こういう関係に存在するのは、相互の侮りの精神である。
仲間内の信頼感はないので、トカゲのしっぽ切りを平気
でやる。


トカゲのしっぽ切りは籠池泰典だけかと思っていた。と
ころが、ヤンキー松井も「婦人付」の官僚、谷査恵子
(たに さえこ)も同じ目に遭うかもしれない。


昨日はネット上で谷査恵子が南米の小国へとばされると
いう情報が駆け巡った。真偽はともかく、こういう情報
が飛び交うほど異様に冷酷な政権のもとにわたしたちは
生きているということだ。


切られる基準は、「「偉人」のおれさまに迷惑を掛けた
かどうか」だ。きわめて個人的で主観的なものが判断の
根拠になっている。100万円を送ったかどうかの真実な
ど、どうでもいいのだ。


そういった「事実」が国民に知られたこと自体が許され
ないのである。「偉人」安倍晋三を侮辱したからには、
証人喚問で懲らしめ、御用メディアと中世の司法とで、
制裁を加える。


ただ、そううまくいくかどうか。今回の森友学園事件も、
発端は豊中市議の木村真が、売却額の情報公開を請求し
たことだった。最初は、たったひとりの反乱だったので
ある。


まだ2月8日のことなのである。そういった告発に遭う可
能性のある面々は、少なくない。


逃げるは恥だが役に立つの迫田英典も、霞ヶ関文豪佐川
宣寿も、どうなるかわかったものではない。








[ 1 - 5 件 / 259 件中 ] 次の5件 >>