T&Yの夢の途中

ToshiとYumiの温泉やお店などの話を、気ままに綴っています。
 
2017/12/08 15:58:07|温泉
今年〆の温泉「船原温泉」
 今年最後の温泉宿は、旦那さまの大好きな「開耶」へ。
天城の山々の紅葉は、今年は遅れているらしく、まだまだ美しい。
「開耶」もスタッフが増えていて、大分余裕が感じられる。
今回は、和室と、ベットのある洋間が付いている初めての部屋で、
和室には、大きな螺鈿のテーブルが置いてあり、象徴的。
庭に灯篭があり、和のテイストたっぷりのちょっと不思議な空間。
紅葉と椿の赤い花が庭を彩っている。
早速、家族風呂へ。旦那さんが入ってすぐ、木の香りが凄い!って。
あ〜!!湯舟が新しくなっている。

温泉の出るところも木製だった気がするけど、石になっている。
壁面のタイルも?
後で、宿の人に聞いたんだけど、3週間位前に湯舟と壁面といろいろ替えたんですって。
総檜の湯舟の香り、1か月半しか持たないらしいよ。
ラッキーだったね〜!!入る度にひのきのいい香りだった。
今回は、どちらのお風呂も、入ろうと思うと、空いていて、とても良かった。
露天風呂も良い温度で、紅葉が緑〜黄〜赤と凄いグラデーションで、陽の光を浴びて、キラキラして美しかった。


お風呂上りは、旦那さまは、ビールを頂く。

お昼のお蕎麦屋さんの箸置きの落花生をおつまみに3杯も飲んで、気持ちよさそう。
案の定、夕食前にしっかりお昼寝。
そして、楽しみにしていた夕食の時間は、あっという間だったね。
 
 美しい前菜から始まって、毎回裏切らない素晴らしい夕食。


今回は、ホタテのお刺身が甘くて絶品だった。

こんなに美味しいの初めて食べたよね。


それ以外にも、数種のお造りが出て、船盛り別注みたいな豪華さだった。

季節の物を少しずつアレンジした、数々のお料理に大満足。
旦那さまは、今回も何種類もの初めて飲む日本酒を少しずつ頂いて、飲み比べていた。

日本酒も、本当に味が違うんだよね。ちょっとずつ飲めるのが嬉しいね。
私は、相変わらずお腹いっぱいで、
ブタしゃぶは食べられなかったけど、
大好きな紫米のお茶漬けは頂いて、
ご馳走様でした。
珍しく、最後まで私達が食事処にいて、のんびりしちゃったね。


夜もかなり冷え込んで、寒くなってきたねと言いつつ、温泉に入って、極楽だよね。
星も、キラキラ☆月も満月に近いかな〜?
伊豆といえど天城の山の中なので、冷えてたね。
翌朝も、素晴らしい青空で、空の青さと紅葉のコントラストが美しい。
夢の朝風呂。
たっぷり、温まって、檜の香り、しっかり吸い込んで朝食へ。


小鉢の数々…。やっぱり食事は「開耶」が一番かなぁ〜。
 
海の幸、山の幸、沢山のご馳走に色とりどりに工夫されていて、
そして、美味しい。

板長さん、京風懐石らしいね。道理で、お吸い物とか、
最高だよね。

出汁の味が凄いというか、本当に美味しい。
食後にコーヒーも頂いて、ご馳走様。

お風呂に始まった改装、これから少しずつ、
あちこち変えていくらしいよ。
次は、いつ来られるか分からないけど、楽しみだね。
それまで、支配人様、くれぐれも身体に気を付けて、
あまり飲み過ぎないようにね。

 帰り道、楽しみにしていた、伊豆で一番人気の
パン屋さん「ブーランジェリー パティスリー アダチ」に寄ってもらう。

噂通り、長蛇…。予約していた、いくつかのパン、プラスアルファを購入。
並んだのは10分位で、案外すぐ買えたけど、もう売り切れているのも有り、全部午前中に完売になりそうだね。
天城の店舗は、1月8日迄で、来年は横浜に出店するとのことで、
最後のチャンスだと思っていたんだ。

シンプルでお洒落な店だけど。
パンは…、まあ、普通かな。パンって、凄く好みがあると思うから何とも言えないけど、あんなに並んで午前中に完売する感じかな〜?って。
名高い、クロワッサンも美味しいけど、これも普通かなって感じ。
パンドミに関しては、残念な感じだった。
 ただとにかく、お洒落だったよね。
これから、競争率の高い、横浜に出店して、どうなんだろうか。
天城にあるから、いいのではないかな?
まあ、挑戦したい気持ちは、素晴らしいから、頑張ってとは思うけど、もう買いに行くことはなさそうだね。
接客もあまりにも、凄い人なので売るのが精一杯って感じだった。
ちょっと残念だったけど、少ーし予想もしてたし、期待もしていたんだけど。
なかなか、岐阜のKITTOの様な私達の口に合うパン屋さんには、巡り合わないもんだね。

帰りは、雪のかかった雄大な富士山に見守られるように帰宅。
富士山っていつ見てもいいよね。(日本人だね、関東人)
今年も、いろんな温泉、元気に楽しめて良かったね。
来年もまた自分達の好きな温泉、宿等々、こだわった物選んで、楽しもうね。

旦那さま、運転お疲れ様でした。来年もよろしくね。
 





     コメントする
タイトル*
コメント*
名前*
MailAddress:
URL:
削除キー:
コメントを削除する時に必要になります
※「*」は必須入力です。

※コメントは投稿後、ブログの管理者が承認した後に表示されます。