T&Yの夢の途中

ToshiとYumiの温泉やお店などの話を、気ままに綴っています。
 
2017/01/29 16:32:00|ランチ
益子散策 〜 古民家「テット・グランデ」
 寒中にもかかわらず、暖かい陽ざしの中、数年ぶりに焼き物の街、栃木県益子へ。無料の駐車場に1番乗りしただけあって、街の中はまだ静かで、お店も開店準備をのんびりしている感じ。イベント開催時や、GWは大型バスも来るし、たくさんのお客さんで、賑わっているけど、真冬のせいもあり、人もまばらでゆっくり見て回れたよ。お店の人は、みんなフレンドリーに話しかけて来るし、とても親切。人気のカフェや、美味しいランチの店とかも教えてくれたりする。
                        
陶器が好きでこの益子や笠間、数年前には信楽にも連れて行って貰っている。基本、土臭い焼き締めの器が大好きなのだけど、いろいろ見てると、たまにはブルーに塗られたものや、可愛い絵柄の物にも、惹かれたりする。
                         
今回は、店で貰った「散歩マップ」を片手に、ご飯茶碗と四角い平皿を中心に、捜して歩いたんだけど、楽しかったあ。なかなか好みと値段が折り合わなかったけれど、渋めの信楽っぽい感じのお茶碗と、シンプルなお皿を見つけて、購入。酒器も素敵な物があったけど、ちょっと高価過ぎて、手が届かない。がまん、がまん。
体験できる工房もあって、1日中、遊んでいられるね。

お昼頃には、駐車場もいっぱいになり大分、人出も増えて来て、活気が出てきた。あっという間の2時間。心を残しつつ、益子を後にして、真岡市の「古民家食堂 テット・グランデ」へ。テッド・グランデって、イタリア語で「大きな屋根」という意味だそうで、明治期に建てられた文字通り「大きな屋根」の農家食堂。築100年以上の古民家を空間デザイナーというご主人がリノベーションしたお店。
                     
わ〜。素敵!畑と田圃の真ん中にど〜んと、豪農の家という感じ。でも、駐車している車2台とちょっぴりビックリするぐらい静かで、ドキドキして店内へ。
天井が高く、太い黒い柱と梁が特徴的な趣のある空間。迎えてくれたのは、御夫婦?親子?ちょっとわからないけど、優しい応待。
メニューは、パスタランチとカレーセットの8種類と少な目。まずは、地元野菜のサラダに手作りのパン。このパンがモチモチですごく美味しかった。オリーブオイルをつけて。お代わりしたいくらい。
       
そして、旦那さんはフレッシュトマトとベーコンのトマトソースのスパゲティー(写真左)で、私はツナとアンチョビソースに生野菜がたっぷりのスパゲティー(写真 右。食べてから気付いて撮ったので、食べかけ感満載で、すみません)。

これが期待を大きく上回り、とっても美味しかったの。ベーコンは、手作りでしっかり燻してあって、パスタの茹で具合も最高。両方とも、全然違う味付けでとっても美味しかった。私は、普段トマト味のパスタは苦手なんだけど、これなら、有無を言わず食べ切ってしまう程、美味しい。
 失礼だけど、本当に予想以上で美味しかった。
食後にコーヒーと手作りのクッキーかと思いきや、マカロン。
                    
「今日はアーモンド味です」との事だけど、マカロンのイメージを覆すサクサクの美味しさだった。
後ろに座っていた若いカップルは「カレー、美味しい!」って。
地元野菜にこだわり自分でも畑を耕し、季節の物を一番おいしい状態で、提供しているという感じの穴場の店だった。

春になり、緑が生い茂り、花の頃、
是非、また行きたいね。
 





     コメントする
タイトル*
コメント*
名前*
MailAddress:
URL:
削除キー:
コメントを削除する時に必要になります
※「*」は必須入力です。

※コメントは投稿後、ブログの管理者が承認した後に表示されます。